コロナ恐慌からの脱出(44)ブラジル・トルコ・アルゼンチンにインフレ世界の未来をみる

いま世界はインフレの時代を迎えようとしている。インフレと財政支出の関係の話となると、財政支出懐疑派はすぐに「ハイパーインフレが起こる」とヒステリックにわめき、MMT論者などの財政支出推進派は「ハイパーインフレはごくまれな現象」と切って捨てて、インフレなどまったく問題がないように論じる。

両派がおかしいのは、多くの場合問題になるのは1兆倍(ワイマール)とか1億倍(ジンバブエ)のハイパーインフレではなく、不況のなかで5%を超えた場合とか、20%前後の高インフレであるのに、いきなりハイパーインフレに飛んでしまうことである。アメリカでケインズ経済学が衰退した1970年代のインフレは、10%を超える年もあったが平均して6%くらいだったし、日本の田中角栄が失脚したのはロッキード事件ではなく、20%を超えた「狂乱物価」の元凶とされたからだった。

まずは、いま生じている世界の高インフレをざっと見てみよう。先日、FRBのパウエル議長たちが量的緩和の縮小を決めた。アメリカのいまのインフレ率は5.4%だが、インフレ目標値の2.0%よりはずっと高いことが脅威であり、予測を総合すると、いまのままでは来年も4.0%以上のインフレとなる可能性が否定できないからだ。

その程度でビビったらどうしようもないと思う人もいるだろうが、もちろん、世界にはもっと激しいインフレに襲われている国もある。英経済誌ジ・エコノミスト11月6日号は「新興国経済の高インフレからの警告」という記事を掲載して、ブラジル、アルゼンチン、トルコといった高インフレ国の実状を分析している。この3つの新興国だけでなく、いまの世界的なインフレについて考えるのに、実によいケースなので紹介しておきたい。

新興国の経済については、簡単に想像がつくように、先進国に比べて慢性インフレといえる状態が続いていた。しかし、1995年に新興国平均が10.6%だったが、2015年に5.4%、そして2015年になると2.7%まで低下した。2012年においてもIMFの長期予測は5.8%というもので、将来的にも安定するものを思われていた。ところが、いまやブラジルは10.2%、トルコが19.9%、アルゼンチンなどは52.5%である。

この3つの高インフレ国について、内情をみてみよう。まず、ブラジルだが今のボルソナロ大統領が登場する以前からインフレ国として知られてきた。ジ・エコノミストの分析では「中央銀行はよくやっているが、財政支出がひどすぎる」。1990年には、なんと、3000%のインフレ率を経験しており、これは1兆倍とか1億倍のハイパーではないが、少なくとも超高インフレと呼んでよいものだろう。

いまの10%程度というインフレ率も、もちろんコロナ禍にマッチョイズムで臨んで、みずからも感染してみせ、さらには巨大な悲劇を生み出したボルソナロ大統領のお陰ではない。何を思ったかオリンピックとワールドカップを同年に主催して、この年にはインフレ率が10%を楽々と超え、通貨レアルは対ドルで下落し、経済はガタガタになった後、経済成長をかなり犠牲にし反インフレ金融政策で臨んだ、中央銀行の涙ぐましい努力のたまものなのである。にもかかわらず、マッチョ大統領はその努力を無にしてくれた。

次にトルコだが、この国にもユニーク(ここでは経済というものが分からないという意味)なエルドガン大統領が大暴れしてくれている。エルドガンは「自らを金利による利益の敵と宣言して、中央銀行の政策金利を無理やりに引き下げる政策を採用。インフレは低下するだろうと宣言した」のだった。それだけでなく、言うことをきかない中銀の幹部を更迭し、金利決定委員会のメンバーを3人ほど首にした。

「こうした『悪戯』のお陰で、トルコ経済はキャピタルフライト(資金国外流出)と通貨価値の乱高下をおこした。結果として生じた通貨のレート下落は輸入コストを急上昇させ、このときだけで、中央銀行が目標としていた2%の4倍である、8%のインフレ上昇を引き起こすのに貢献したのであった」

さて、アルゼンチンだが、もう何もいうことはないような事態である。ジ・エコノミスト誌ですら「もし、金融政策と財政政策を何の原理原則なしに行ったら、何が起こるだろうか。そのいい見本がアルゼンチンにある」と述べている。同国の政府はもう長いこと、財政赤字の埋め合わせをするのに紙幣を印刷してすませ、これまでも9回にわたって国債をデフォルトさせてきた。

「この2年の間にも、通貨の流通量を年50%のペースで増加させてきた。アルゼンチンの通貨であるペソは、昨年初より計算しても、ドルに対して60%もの価値下落をしてしまっている」

もちろん、ここにあげた3カ国はインフレ政策の落第生であって、けっしてすべてのエマージング・カントリーがこんなデタラメをやっているわけではない。しかし、我が国においても「これまで自己通貨で財政支出してデフォルトした国はない」などいう「おとぎ話」をする政治家やそのブレーンの言葉を信じてしまえば、田中角栄時代くらいのインフレは起こるかもしれない。

たとえば、ブラジルのように年52%のインフレが2年続けば、ざっといって物価は2.3倍を超える。この間、収入がついてこなければ、生活水準は2分の1弱に下落する(たいがいは、給与は比例して増えることなどない)。そればかりではない、この3カ国を見れば分かるように、インフレに悩む国の多くは治安や衛生も悪化する。ここにあげている国が、すべてコロナ対策に失敗していることに注目してほしい。

ちなみに、前出の「自己通貨で財政支出してデフォルトした国はない」という発言は、おそらくMMTのつもりで言っているのだろうが、正確には「デフォルト」の前に「政治的理由で」という限定が入るのに、あえて飛ばしているのである。さらには、国家が発行する国債をデフォルトするさいには政府が宣言して行うのであるから、デフォルトはすべて「政治的理由」なのである。つまり、MMTの大御所たちからしてかなり曖昧なことをいっているのだ。

ついでに述べておくと、MMTの大御所であるランダル・レイは「インフレは40%くらいまで耐えられる」という驚くべき見解を示し、入門書にも書いており、もうこれだけで正気とは思えない。また、反緊縮派が依拠している経済学者の故・トービンは、たしかに講演や著作で「財政支出をしてもインフレかクラウディングアウトが起こるだけだ」と述べているが、どれほどのインフレが限界になるか、クラウディングアウトの場合にはどれくらい金利が限界かは述べていない。

この数年のあいだに流行った「新しい経済学」を推奨する人たちは、ひとつの不幸を除去することが、その程度はさまざまにしても、別の不幸を生み出すということが、理解できないのではないかと思われる。よほど幸福な幼児期を送ったのだろう。また、経済学史上の「英雄」は完全な理論をもたらすのだと思い込んでいるようで、子供のころに「おとぎ話」か、子供用の「偉人伝」のたぐいを読みすぎたのではないかとも考えられる。

●こちらもご覧ください

FRBが緩和政策を転換した!;まずは証券買上げを縮小、次は利上げか

仮想通貨の黄昏(1)コロナ禍が急騰させ、そして没落に向かわせる

ポスト・コロナ社会はどうなる(3)世界を「戦後」経済が待っている

コロナ恐慌からの脱出(1)いまこそパニックの歴史に目を向けよう
コロナ恐慌からの脱出(2)日本のバブル崩壊を振り返る
コロナ恐慌からの脱出(3)これまでの不況と何が違うのか
コロナ恐慌からの脱出(4)パンデミックと戦争がもたらしたもの
コロナ恐慌からの脱出(5)ケインズ経済学の皮肉な運命
コロナ恐慌からの脱出(6)世界金融危機とバーナンキの苦闘
コロナ恐慌からの脱出(7)「失われた30年」の苦い教訓
コロナ恐慌からの脱出(8)ルーズベルトの「未知との遭遇」
コロナ恐慌からの脱出(9)巨大な財政支出だけでは元に戻らない
コロナ恐慌からの脱出(10)どの国が何時どこから先に回復するか
コロナ恐慌からの脱出(11)高橋是清財政への誤解と神話
コロナ恐慌からの脱出(12)グローバリゼーションは終焉するか
コロナ恐慌からの脱出(13)日米の株高は経済復活を意味していない
コロナ恐慌からの脱出(14)巨額の財政出動を断行する根拠は何か
コロナ恐慌からの脱出(15)米国ではバブルの「第2波」が生じている
コロナ恐慌からの脱出(16)家計の消費はいつ立ち上がるのか
コロナ恐慌からの脱出(17)死亡率の上昇は経済回復を遅らせる
コロナ恐慌からの脱出(18)中国のGDP3.2%増が喜ばれない理由
コロナ恐慌からの脱出(19)米証券市場の3局面をR・シラーが分析する
コロナ恐慌からの脱出(20)米中コロナ・ワクチン戦争の行方
コロナ恐慌からの脱出(21)コロナ・ワクチン完成がバブル崩壊の引き金だ
コロナ恐慌からの脱出(22)FRBのパウエル議長はインフレを招く気なのか
コロナ恐慌からの脱出(23)ハイテク株の下落は市場全体への警告
コロナ恐慌からの脱出(24)下落するトランプとアメリカの評判
コロナ恐慌からの脱出(25)今回のハイテクバブルの「遺産」とは何か
コロナ恐慌からの脱出(26)ワクチン完成で始まる証券市場の乱高下
コロナ恐慌からの脱出(27)パンデミック終息後にインフレが来る?
コロナ恐慌からの脱出(28)米証券市場がバブルでない根拠などない
コロナ恐慌からの脱出(29)ゲームストップ騒動の背後の「大物」
コロナ恐慌からの脱出(30)ロビンフッドが崩壊の先駆けとなるか
コロナ恐慌からの脱出(31)群衆の知恵から群集心理に転落したゲームストップ現象
コロナ恐慌からの脱出(32)どの国の消費が先に復活するのか
コロナ恐慌からの脱出(33)バイデンの大盤振舞いが行き着く先
コロナ恐慌からの脱出(34)バイデン大統領の刺激策の「勝者」は誰なのか
コロナ恐慌からの脱出(35)サマーズ元財務長官のバイデン財政批判
コロナ恐慌からの脱出(36)歴史的統計からポスト・コロナ景気を予測する
コロナ恐慌からの脱出(37)インフレ世界への移行が始まっている
コロナ恐慌からの脱出(38)クルーグマンの最新ポスト・コロナ経済論
コロナ恐慌からの脱出(39)米国の住宅ブームはバブルでないというウソ
コロナ恐慌からの脱出(40)住宅バブルでないという報道の多いことがバブルの証拠
コロナ恐慌からの脱出(41)終焉後も経済は低インフレと低金利が続くのか?
コロナ恐慌からの脱出(42)米国のGDP伸び率下落が意味するもの
コロナ恐慌からの脱出(43)なぜFRBパウエル議長は緩和策をやめるのか
コロナ恐慌からの脱出(44)ブラジル・トルコ・アルゼンチンにインフレ世界の未来をみる
コロナ恐慌からの脱出(45)中国の不良債権は「隠れ負債」がこわい

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です