どことなく滑稽でどことなく怖い;『星の子』にみる芦田愛菜の包容力

『星の子』(2020・大森立嗣監督)

 映画評論家・内海陽子

 いままで多くの思春期映画を観てきたが、久しぶりに“成長痛”とよばれる妙な痛みを思い出した。具体的には膝の少し上あたりにうすら寒いような痛みが走る症状だ。わたしは必ず学校へ向かう途中でそれを意識したせいか、得体のしれない不安や憂鬱と強く結びついた。といっても、それは表面にはっきり出るたぐいのものではなく、みずからそれを打ち消すようにヘラヘラしたり、しかめっ面をしたりしてやり過ごしていた。『星の子』のヒロイン、ちひろの穏やかな笑顔やふるまいを見ていると、不安や憂鬱をやり過ごしているようでいてそうでもない胸の内が透けて見える。“成長痛”が長引いているのだろうか。

 ちひろ(芦田愛菜)の家庭はちょっと特殊である。未熟児として生まれた彼女は全身にひどい湿疹が出たが、ある水のおかげできれいに治り、それ以来、父(永瀬正敏)と母(原田知世)は教団が販売する「金星のめぐみ」という水を愛飲し、ちひろは学校にもペットボトルを持って行く。しかし中学三年生にもなると、両親が頭に載せたタオルに「金星のめぐみ」を慎重に注ぐ儀式を見るのが辛くなってきた。姉のまーちゃん(蒔田彩珠)はだいぶ前に家出し、たまに帰宅することもあったが、ついにまったく帰ってこなくなった。両親の愛情が自分にだけ注がれたことが姉の家出の一因だとわかっているだけに、ちひろは簡単に姉の真似をすることはできないと考えている。

 学校生活でなにか嫌なことが起こるのではないかと思っていると、やがてその時が来る。友だちと一緒に、イケメンの南先生(岡田将生)の車に乗って家まで送ってもらう途中、両親が公園で“儀式”をしている姿を先生に見られてしまう。先生はちひろの手をつかんで降りるのを引き留めたのでちひろはドキドキするが、両親を不審者扱いされた屈辱感がそこにかぶさる。恋する乙女心と、世間から白眼視される両親を持つ者の恥の感覚がぶつかるというのは相当ひどい気分だろう。もしかすると、ちひろは姉のまーちゃんと同じように、家を飛び出すかもしれないという思いがわたしの頭をかすめる。

 それだけに、高校進学を控えた彼女を、我が家に住まないかと誘う雄三おじさん(大友康平)の申し出をちひろが断るシーンは、彼女の自立心がはっきり伝わって爽快である。母の弟である雄三おじさんも、おばさんも、従兄弟もみんないい人で、ちひろを思ってくれていることがよくわかる。だがそれ以上に、両親がいい人で、自分のことを大事に思ってくれているという事実をちひろは誰よりもよくわかっている。あたりまえのことのようだが、そうではない。ちひろはかなり早い時期に、自分が特別に育てられた人間だということを知り、そのために両親が常の人間から逸脱したということを残酷な事実として認識したのである。その結果、両親が風邪をひかなくなったという素晴らしい“おまけ”がついたとしても。

 この“おまけ”に明らかなように、この映画はどことなく滑稽でどことなく怖い。永瀬正敏と原田知世が真剣な表情で静かに“儀式”に取り組む様子は、なにかのコントかとちゃかしたくなるのをこらえなくてはならない。教団の幹部候補生とでもいうべき女性、昇子さんを演じる黒木華の能面のような白い表情はいくぶんホラーの匂いがする。何かを信じることは精神を統一するにはもってこいなのだろうが、だとすると精神を統一するとは、自分を見失うことでもあるような気がする。自分を見失うことなく、何かに囚われることもなく生きている人間ははたしているのだろうか。

 教団の研修旅行先の「星々の郷」で、父と母とちひろは星空がよく見える丘に上って流れ星を待つ。父と母が発見し、ようやくちひろも発見する。もしかしたら、ちひろはおつきあいで発見したことにしたかもしれない。自分が両親に庇護されて育ったように、これから自分は両親を庇護する立場になっていくのかもしれない。そう思うには早すぎる年齢だが、芦田愛菜の演技には、そんな驚異的な包容力の芽生えが感じ取れる。原作にはない「まーちゃんに子どもが生まれた」という両親の報告があるが、これは映画が物語に希望を与えた証拠だ。不安や憂鬱を抱えるより希望をになうほうが辛いことがある。それでもになうちひろを、芦田愛菜がわがこととして丁寧に表現する。いい女優になってくれるだろう。

◎10月9日より公開

内海陽子プロフィール

1950年、東京都台東区生まれ。都立白鷗高校卒業後、三菱石油、百貨店松屋で事務職に従事。休みの日はほぼすべて映画鑑賞に費やす年月を経て、映画雑誌「キネマ旬報」に声をかけられ、1977年、「ニッポン個性派時代」というインタビューページのライターのひとりとしてスタート。この連載は同誌の読者賞を受賞し、「シネマ個性派ランド」(共著)として刊行された。1978年ころから、映画評論家として仕事を始めて現在に至る。(著者の近著はこちら

内海陽子のほかのページもどうぞ

『愛がなんだ』:悲しみとおかしみを包み込む上質なコートのような仕上がり

『バースデー・ワンダーランド』:情感とスピード感に満ちた贅沢なひととき

『家族にサルーテ! イスキア島は大騒動』:けっして自分の生き方を諦めない大人たちを描きぬく

『町田くんの世界』:熱風がユーモアにつつまれて吹き続ける

『エリカ38』:浅田美代子が醸し出す途方に暮れた少女のおもかげ

『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』:本作が断然お薦め! 頑固一徹闘うジジイ

『DANCE WITH ME ダンス ウィズ ミー』:正常モードから異常モードへの転換センスのよさ

『記憶にございません!』:笑いのお座敷列車 中井貴一の演技が素敵!

熱い血を感じさせる「男の子」の西部劇

RBGがまだ世間知らずだったとき:ルース・B・ギンズバーグの闘い

『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』常に新鮮で的確な田中圭のリアクション

俺はまだ夢の途中だぁ~!:草彅剛の持ち味満喫

相手を「発見」し続ける喜び:アイネクライネナハトムジーク

僕の人生は喜劇だ!;ホアキン・フェニックスの可憐な熱演

カトリーヌ・ドヌーヴの物語を生む力

悲しみと愚かさと大胆さ;恋を発酵させるもうひとりのヒロイン

獲れたての魚のような映画;フィッシャーマンズ・ソング

肩肘張らない詐欺ゲーム;『嘘八百 京町ロワイヤル』

あったかく鼻の奥がつんとする;『星屑の町』の懐かしさ

高級もなかの深い味わい;『初恋』の三池崇史節に酔う

千葉雄大の孤軍奮闘にハラハラ;『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

成田凌から飛び出す得体のしれないもの;ヨコハマ映画祭・助演男優賞受賞に寄せて

関水渚のふてくされた顔がいい;キネマ旬報新人女優賞受賞

情熱あふれる歌・踊り・群舞;『ヲタクに恋は難しい』の高畑充希になり切る

受賞者の挨拶はスリリング;キネマ旬報ベスト・テン 続報!

年を取るってすばらしいこと;波瑠と成田凌の『弥生、三月』

洗練された泥臭さに乾杯!;『最高の花婿 アンコール』

生きていると否応なく生じる隙間;『街の上で』若葉竜也の「素朴」さに注目!

ヒロインを再現出させる魔術;ゼルウィガーの『ジュディ 虹の彼方に』

わたしはオオカミになった;『ペトルーニャに祝福を』

心が晴れ晴れとする作品;『五億円のじんせい』の気性のよさ

「境目」を超え続けた人;大杉漣さんの現場

老いた眼差しの向こう;『ぶあいそうな手紙』が開く夢

オフビートの笑いが楽しい;『デッド・ドント・ダイ』のビル・マーレイを見よ

現代によみがえる四人姉妹;『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

夜にたたずむ男の見果てぬ夢;『一度も撃ってません』の石橋蓮司に映画館で会おう

長澤まさみの艶姿を見よ!;『コンフィデンスマン JP プリンセス編』は快作中の快作

幸運を呼ぶ赤パンツ;濱田岳と水川あさみの『喜劇 愛妻物語』

刃の上を歩くような恋;『燃ゆる女の肖像』から匂い立つ輝き

どことなく滑稽でどことなく怖い;『星の子』にみる芦田愛菜の包容力

挑戦をやめない家族;『ヒトラーに盗られたうさぎ』でリフレッシュ


『女優の肖像』全2巻 ご覧ください

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です