新型コロナの第3波に備える(5)ロンドンは再びロックダウンに突入!

ロンドンは今週末(10月17日)から再びロックダウンに入ることが決まった。社会生活や旅行に強い規制が敷かれることになり、経済活動の低迷による悪影響を懸念する多くの団体や識者が反発している。今回のロンドンのロックダウンはレベル2(Tier2)であり、パブやレストランを含む屋内で人と会うことが禁じられ、公的交通機関を使わないようにアドバイスされるという。

今回のロックダウンは全土に適応されたのではなく、地域ごとに感染拡大の程度によって、レベル1、レベル2、レベル3の3つに分類される「ローカル・ロックダウン」「リージョナル・ロックダウン」だと説明されている。その分類表を見る(右図)とかなり細かく規定されていて、ロンドンは「リスクが高い」のレベル2に指定されたわけである。

ロンドンが課せられるレベル2の規制がどれほどのものかを、英紙ザ・タイムズの記事によって簡単に説明すると次のようになる。

①6人以上は会わないという「6人ルール」が屋外にも適用され、これは個人の庭にも適用される。②人々は家族ではない人たちと屋内で会うことはできない。これは家庭や催し物会場にも適用される。③すべての会場や職場は業務を続けてよいが、ナイトクラブなどの法律で定められたものはその限りではない。④ほとんどの飲食店は夜10時から朝の5時まで閉店しなければならない。食べ物の持ち帰りは10時以降も可能。⑤結婚式および葬式は参列者の数の制限はあるが挙行が可能。⑥スポーツ場やエクササイズ教室は「6人ルール」が守られるかぎり許可される。

ロンドンはレベル2だが、たとえば、1日に1000人を超える感染者を出したリヴァプールなどでは「きわめてリスクが高い」のレベル3と分類され、さらに厳しい規制が課されることになる。ここでは、パブやバーは閉店され誰にも会うことはできなくなる。それにたいして、「そこそこリスクがある」のレベル1の場合にはずっと緩和されていて、パブやレストラン、催し物会場はこれまで開いていたところは開店していいが、夜の10時から朝の5時までは閉店しなくてはならない。ただし、ここでも「6人ルール」は守られることになる。

すでに繰り返し報道されているように、英国では北部でのコロナ禍が激しく、特にリヴァプール周辺での感染状況が悪化している。当然、規制も厳しくなるわけだが、それは同時に経済活動が著しく低下することを意味する。ザ・タイムズによれば「どのような被雇用者もレベル3では業務停止を言い渡されるが、そのため彼らは規制が続く限り67%の給料を失うことになる」という。

グレートブリテン島の全体図でみてみよう。英経済誌ジ・エコノミスト10月17日号が掲載している地図によれば、それぞれの地域のコロナ禍の状況を反映して、かなりの違いがあることがわかる。これを全国規模で一律に規制強化しないのは当然だが、さらに、第2波へのロックダウンの期間も、もっと状況に応じて短縮すべきだという声があるのは理解できる。

ジョンソン政権としては国民全体を対象として規制を考えたときには、強力にコロナ禍を封じ込める案を提示すれば支持率が上がるが(事実、今回のロックダウン断行表明は支持率を上げている)、いっぽうで財界や労働界からの批判は強まることになる。つまり問題は、ロックダウンの仕方そのものに立場を引き裂かれてしまうことで、さらに財界を背景としている保守党内部からの批判に加えて、雇用を維持したい労働党からの要求も強くなるのは苦しいわけだ。

「今回のコロナ危機を通じて、労働党首キア・スターマーは政府の戦略を支持してきた。ところが、今月13日になるとスターマーは姿勢を変えて、『サーキット・ブレイカー』つまり短期間のロックダウンを要求するようになった。ジョンソン首相はスターマーの機会主義を批判したが、ジョンソンには弱みがある。つまり、保守党内部のロックダウン批判が強まれば、スターマーの協力がなければやっていけなくなるのである」(同誌)

まあ、緊急事態の規制度合いは、どこの国でも同じような政治的構図になるが(野党が機能していない日本は別として)、ジ・エコノミスト誌は、「第1波のときにはジョンソン首相の政治的資源を大いに消費させたが、第2波はそれを枯渇させかねない」と論評している。

 

【まずは、速報としてお読みください。以降、なるだけ早く、もう少し詳しい新しい情報を追加します。】

●こちらもご覧ください

新型コロナの第2波に備える(1)スペイン風邪の「前流行」と「後流行」
新型コロナの第2波に備える(2)誰を優先治療するかという「トリアージ」の難問
新型コロナの第2波に備える(3)ワクチンを制する者がポスト・コロナ世界を制する
新型コロナの第2波に備える(4)ロシア製ワクチンはスパイ行為の賜物?
新型コロナの第2波に備える(5)コロナワクチン陰謀説を検証する
新型コロナの第2波に備える(6)給付金は本当に効果があるのか
新型コロナの第2波に備える(7)コロナ規制批判が陰謀説化するとき

新型コロナの第3波に備える(1)英国版ファクターXを読んでみる
新型コロナの第3波に備える(2)トランプ大統領に投与された新薬とは何か
新型コロナの第3波に備える(3)トランプに投与された薬の副作用とは
新型コロナの第3波に備える(4)スウェーデン方式からのリアルな教訓
新型コロナの第3波に備える(5)ロンドンは再びロックダウンに突入!
新型コロナの第3波に備える(6)スウェーデンのロックダウン説を追う
新型コロナ対策でスウェーデンが失敗らしい;生命至上主義を批判しつつスウェーデン方式を推奨した人たちの奇妙さ
スウェーデンは経済も悲惨らしい;この国を根拠とするコロナ論は破綻した
いまスウェーデン方式を推奨する人の不思議;テグネルは「政治家」であることをお忘れなく

コロナ恐慌からの脱出(1)いまこそパニックの歴史に目を向けよう
コロナ恐慌からの脱出(2)日本のバブル崩壊を振り返る
コロナ恐慌からの脱出(3)これまでの不況と何が違うのか
コロナ恐慌からの脱出(4)パンデミックと戦争がもたらしたもの
コロナ恐慌からの脱出(5)ケインズ経済学の皮肉な運命
コロナ恐慌からの脱出(6)世界金融危機とバーナンキの苦闘
コロナ恐慌からの脱出(7)「失われた30年」の苦い教訓
コロナ恐慌からの脱出(8)ルーズベルトの「未知との遭遇」
コロナ恐慌からの脱出(9)巨大な財政支出だけでは元に戻らない
コロナ恐慌からの脱出(10)どの国が何時どこから先に回復するか
コロナ恐慌からの脱出(11)高橋是清財政への誤解と神話
コロナ恐慌からの脱出(12)グローバリゼーションは終焉するか
コロナ恐慌からの脱出(13)日米の株高は経済復活を意味していない
コロナ恐慌からの脱出(14)巨額の財政出動を断行する根拠は何か
コロナ恐慌からの脱出(15)米国ではバブルの「第2波」が生じている
コロナ恐慌からの脱出(16)家計の消費はいつ立ち上がるのか
ポスト・コロナ社会はどうなる(1)仕事と娯楽の「あり方」は大きく変わらない
ポスト・コロナ社会はどうなる(2)テレワークのデータを見直す
ポスト・コロナ社会はどうなる(3)世界を「戦後」経済がまっている
ポスト・コロナ社会はどうなる(4)貿易も安心もなかなか元に戻らない
ポスト・コロナ社会はどうなる(5)封じ込めの「空気」がオーバーシュートするとき
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です