小さな人間にも偉大なことはできる;妻の仇討ち物語『ライダーズ・オブ・ジャスティス』

『ライダーズ・オブ・ジャスティス』(2020・アナス・トマス・イェンセン監督)

 映画評論家・内海陽子

 クリスマスの奇跡に包まれた残酷なおとぎ話、とでも言ったらいいだろうか。“ライダーズ・オブ・ジャスティス”=ROJというからには正義を追求する活動家集団かと思ったら、ただの悪党一味のことだ。どちらかと言えば彼らの被害者になる側の人間が、ふとしたことから連携して悪党一味に挑むことになる。バイオレンス満載、おとぼけたっぷりで、観客にとってはパンチの利いたクリスマスギフトになっている。

 舞台はバルト三国のひとつ、エストニアのタリン。家庭を顧みる暇のない軍人マークス(マッツ・ミケルセン)は、妻が列車事故で死んだと知り、帰国。同じく事故に遭って運よく助かった娘のマチルデ(アンドレア・ハイク・ガデベルク)ともどもショックから立ち直れず、父娘の仲はぎくしゃくしている。そこへアルゴリズムの研究をする数学者のオットー(ニコライ・リー・コース)と相棒のレナート(ラース・ブリグマン)がやってきて、列車事故は事故でなく、テロだったと断言する。

 オットーは同じ車両に乗っていてマチルデの母に席を譲り、そのために彼女は亡くなったので罪悪感がある。そしてROJの幹部をめぐる裁判で、重要な証言をする予定だった男が同じ列車に乗っていて死んだと知り、頭脳をフル回転させる。浮かび上がった犯人像を、顔認証のプロで友人のエメンタール(ニコラス・ブロ)に確かめさせると、高い精度でROJのリーダー、オーレセン(ローラン・ムラ)の弟パレと一致。そう告げられたマークスは三人組と一緒にパレを訪ね、その無礼な態度に激昂し、彼をひねり殺してしまう。

「危機の対処法と職業は関係がある、軍人は暴力に走る」とマチルデのボーイフレンド、シリウスは訳知り顔で言う。臨床心理士の母の受け売りのようだが、確かにマークスに関してはみごとに当てはまる。レナートがパレ殺害現場の証拠隠滅を図ったものの、弟が殺されたことを知ったオーレセンの仕返しが始まるのは目に見えている。マークスはROJを全滅させるまで戦う覚悟を決め、オットーらに情報収集を命じる。「妻の仇討ちだ」。

 頭に血が上ってしまって猪突猛進する男を演じるマッツ・ミケルセンは、米テレビドラマ『ハンニバル』でも知られるデンマークの人気俳優。加害者、被害者、悪人、善人、変人となんでも演じられる稀有な存在だ。「仇討ち」という言葉で思い出すのはマッツ・ミケルセン主演『悪党に粛清を』(2015・クリスチャン・レブリング監督)というわたしの好きな西部劇。1870年代のアメリカを舞台に、デンマークから新天地にやって来た男が、殺された妻子の恨みを晴らすまでを描く。薄汚れた悲劇のヒーロー像が、スタイリッシュな画面によく映える佳作だ。

 この『ライダーズ・オブ・ジャスティス』も同じように“悪党に粛清を”ものではあるが、マークスは喜劇のヒーローで、中年を過ぎたマッツ・ミケルセンがこの役を楽しんでいる感じがよく伝わる。マークスは何かと言えば暴力をふるい、シリウスもオットーもレナートも彼の一撃を食らう、あるいは食らいそうになる。もっともこの三人は親愛の情を示されたかのように彼を許し、結束はむしろ固くなる。このあたりの緊張感と優しさのあんばいが繊細でいい。こうしてやむなく同居することになった大人四人とティーンの二人、そしてパレの男妾だったウクライナ人青年が、ROJを迎え撃つことになる。

 復讐劇の大きな流れとは別に、この疑似家族の関係も見どころだ。真に強い人間はいないが、互いの欠落した個所を補い合うような思いやりにあふれた会話を交わし、相手の過去の傷にそっと触れる。幼いころ、父や兄弟に虐待され、何人ものセラピストの世話になったというレナートが、マチルデの心境を丁寧に聞き取り、「父親と似ている」と判断するなど、心の痛手が相手の心の傷への想像力になるところなど、しみじみする。偉大な人間というのはめったにいないが、小さな人間にも偉大なことはできる。虐げられてきたウクライナ人青年が故郷に伝わる話で聞き手を癒すシーンもある。

 この映画は、居丈高な強者に対する弱者連合の滑稽な挑戦という趣で展開し、思いもかけぬ奇跡が起こったことを示して幕を閉じるのだが、この奇跡がリアルな奇跡であるはずがない。しかし奇跡を信じて挑む心が結集すれば、純度の高い結晶ができるのだ。エンディングにはそういう結晶が光り輝いている。

◎2022年1月21日より公開

内海陽子プロフィール

1950年、東京都台東区生まれ。都立白鷗高校卒業後、三菱石油、百貨店松屋で事務職に従事。休みの日はほぼすべて映画鑑賞に費やす年月を経て、映画雑誌「キネマ旬報」に声をかけられ、1977年、「ニッポン個性派時代」というインタビューページのライターのひとりとしてスタート。この連載は同誌の読者賞を受賞し、「シネマ個性派ランド」(共著)として刊行された。1978年ころから、映画評論家として仕事を始めて現在に至る。(著者の近著はこちら

 

内海陽子のほかのページもどうぞ

『愛がなんだ』:悲しみとおかしみを包み込む上質なコートのような仕上がり

『バースデー・ワンダーランド』:情感とスピード感に満ちた贅沢なひととき

『家族にサルーテ! イスキア島は大騒動』:けっして自分の生き方を諦めない大人たちを描きぬく

『町田くんの世界』:熱風がユーモアにつつまれて吹き続ける

『エリカ38』:浅田美代子が醸し出す途方に暮れた少女のおもかげ

『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』:本作が断然お薦め! 頑固一徹闘うジジイ

『DANCE WITH ME ダンス ウィズ ミー』:正常モードから異常モードへの転換センスのよさ

『記憶にございません!』:笑いのお座敷列車 中井貴一の演技が素敵!

熱い血を感じさせる「男の子」の西部劇

RBGがまだ世間知らずだったとき:ルース・B・ギンズバーグの闘い

『劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD』常に新鮮で的確な田中圭のリアクション

俺はまだ夢の途中だぁ~!:草彅剛の持ち味満喫

相手を「発見」し続ける喜び:アイネクライネナハトムジーク

僕の人生は喜劇だ!;ホアキン・フェニックスの可憐な熱演

カトリーヌ・ドヌーヴの物語を生む力

悲しみと愚かさと大胆さ;恋を発酵させるもうひとりのヒロイン

獲れたての魚のような映画;フィッシャーマンズ・ソング

肩肘張らない詐欺ゲーム;『嘘八百 京町ロワイヤル』

あったかく鼻の奥がつんとする;『星屑の町』の懐かしさ

高級もなかの深い味わい;『初恋』の三池崇史節に酔う

千葉雄大の孤軍奮闘にハラハラ;『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

成田凌から飛び出す得体のしれないもの;ヨコハマ映画祭・助演男優賞受賞に寄せて

関水渚のふてくされた顔がいい;キネマ旬報新人女優賞受賞

情熱あふれる歌・踊り・群舞;『ヲタクに恋は難しい』の高畑充希になり切る

受賞者の挨拶はスリリング;キネマ旬報ベスト・テン 続報!

年を取るってすばらしいこと;波瑠と成田凌の『弥生、三月』

洗練された泥臭さに乾杯!;『最高の花婿 アンコール』

生きていると否応なく生じる隙間;『街の上で』若葉竜也の「素朴」さに注目!

ヒロインを再現出させる魔術;ゼルウィガーの『ジュディ 虹の彼方に』

わたしはオオカミになった;『ペトルーニャに祝福を』

心が晴れ晴れとする作品;『五億円のじんせい』の気性のよさ

「境目」を超え続けた人;大杉漣さんの現場

老いた眼差しの向こう;『ぶあいそうな手紙』が開く夢

オフビートの笑いが楽しい;『デッド・ドント・ダイ』のビル・マーレイを見よ

現代によみがえる四人姉妹;『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

夜にたたずむ男の見果てぬ夢;『一度も撃ってません』の石橋蓮司に映画館で会おう

長澤まさみの艶姿を見よ!;『コンフィデンスマン JP プリンセス編』は快作中の快作

幸運を呼ぶ赤パンツ;濱田岳と水川あさみの『喜劇 愛妻物語』

刃の上を歩くような恋;『燃ゆる女の肖像』から匂い立つ輝き

どことなく滑稽でどことなく怖い;『星の子』にみる芦田愛菜の包容力

挑戦をやめない家族;『ヒトラーに盗られたうさぎ』でリフレッシュ

おらおらでひとりいぐも;田中裕子の『おらおらでひとりいぐも』

弱い人間への労りのまなざし;波留の『ホテルローヤル』

内海陽子「誇り高き者の確執、愛憎」;佐野亨編『リドリー・スコット』に寄稿しました

小粋な女性のサッカー・チーム;『クイーンズ・オブ・フィールド』で愉快になれる

娑婆は我慢の連続、でも空は広い;西川美和監督の『すばらしき世界』は温かく冷たい

感情を自在に操ることのできる演技者・水川あさみ;ヨコハマ映画祭・主演女優賞受賞によせて

最高の「嘘っぱち!」物語;『騙し絵の牙』の大泉洋は期待通りの全開

チャーミングな老人映画;『カムバック・トゥ・ハリウッド‼』を見逃すな

「打倒! まとも」が新しい世界を運んでくる;『まともじゃないのは君も一緒』の成田凌を深読みする

役所広司の醸し出す「歴史」;『峠 最後のサムライ』のぬくもり

異様な細部がすばらしい『ベルヴィル・ランデブー』;おばあちゃんの闘争は続く!

恋ゆえに渡る危ない橋『ファイナル・プラン』;リーアム・ニーソンからの「夢のギフト」

王道を行く人情コメディ;やっぱり笑える『明日に向かって笑え!』

「君は世界を守れ、俺は君を守る」;初々しい『少年の君』のチョウ・ドンユイ

漫画家夫婦の不倫ゲームを楽しむ;黒木華と柄本佑の『先生、私の隣に座っていただけませんか?』

未来についての勇気の物語;『愛のくだらない』の藤原麻希がみせる推進力

ムロツヨシの「愚直」な演技力;『マイ・ダディ』の聖なる滑稽さ

ジェイソン・ステイサムの暗く鈍い輝き;『キャッシュトラック』の「悪役」が魅せる

底なし沼に足を踏み入れたヒロイン;『アンテベラム』の終わらない感情

早すぎる時間の中での成長;『オールド』にみるシャマラン監督の新境地

二人はともに優しい女房のよう;西島秀俊と内野聖陽の『劇場版 きのう何食べた?』

おどおどしつつも男の意気地が光る!;中谷美紀と田中圭の『総理の夫』

生き生きとした幸福のヒント;加賀まりこが母を演じる『梅切らぬバカ』

前進する者への確かなエール;リーアム・ニーソンの『マークスマン』

小さな人間にも偉大なことはできる;妻の仇討ち物語『ライダーズ・オブ・ジャスティス』


『女優の肖像』全2巻 ご覧ください

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です