新型コロナの第3波に備える(16)独自に変異したウイルスに酷似した親戚が生まれる理由

いまや新型コロナウイルスについての話題は、中心が変異株(変異種)に移りつつある。せっかくワクチンができても変異株には効かないなら脅威はなくならない。また、変異することによって感染力が増したり、症状が重くなるのであれば脅威は高まる。では、いま変異株といわれている新型コロナウイルスは何種類あるかご存知だろうか。

いまのところ(2月27日現在)、4万1000種が確認され、それを特長によって「系統(リネージ、血統とも訳される)」にまとめても880系統あるという。英経済誌ジ・エコノミスト2月27日号の記事「それは家族の問題です」という、意味深長なタイトルの記事は、短いものだがこうした変異株についての意外な話を紹介している。

この記事は基本的なことも書いていてくれている。そもそも、なぜ変異株ができるかだが、それは人間に感染した新型コロナウイルスが、複製をつくる段階で遺伝子配列に変化をきたし、そのなかで存続できたウイルスが変異株として生き残るのだという。そして、この880系統のなかで感染力が増したり、症状が重くなるのはごく一部である。

世界的な研究が進むにつれて、これらの変異株はツリー状の系統図として描かれるようになったのだが、実に興味深いことに、途中から枝分かれして遠い親戚でしかなくなったのに、遺伝子配列から見てきわめて似たものが見られることが分かった。それが伝播によって感染するとは思えない離れた地域に、そっくりな変異株が現れるのだ。

変異株の系統図:The Economistより

たとえば、ケント株は昨年12月より英国で感染が広がっているが、それがなんとブラジルと南アフリカで感染拡大しているものとそっくりなのである。いま互いに移動が禁じられている地域であることから、この2つの変異株はそれぞれが独立して生じたものと考えられているという。こうした現象はダーウィン以来の進化論でいう「自然淘汰」の法則に適っているわけで、変異を続けるなかで酷似したウイルスが登場するのは理にかなっている。

もちろん、これが実は伝播によってもたらされたのではないかと言う疑いもあってしかるべきだ。かつて、構造人類学者のレヴィ=ストロースが、ヨーロッパの「シンデレラ伝説」と北米インディアンの「灰っ子神話」との類似性を指摘して、それぞれ独立して発生したものだと論じた。このとき、あくまで文化伝播にこだわる文化人類学者たちは批判した。とはいえ、ウイルスの場合は遺伝子配列で追跡できるから、はるかに根拠のある議論だろう。

さて、そうした独自の進化によって生じた変異株は感染力が強く、症状も重いというのは憂鬱な話である。しかも、ワクチンの効き目が低下するという説もやはり根強い。しかし、見方を変えれば、新型コロナの進化がある方向に向かっていると分かれば、「製薬会社もこうした変異株を叩くワクチンを開発するのに、すでに開発したものの調整程度で可能になるという希望も生まれてくる」。

ジ・エコノミストはこうした希望も生まれているなかで、もっと難関になりそうなのは、ウイルスの遺伝子配列についての分析を続けて、変異あるいは進化の動きをとらえるためには、膨大な資金がいるということだと指摘している。「世界はこの自然淘汰を追跡し続けるために、そうした資金を投資する必要がある」。

●こちらもご覧ください

いまもマスクを否定するスウェーデン;むしろ危険とする根拠の論文72%は実は支持だった

ワクチンを有効にするのは何か;先頭を切って接種する英国の騒動から読む

新型コロナの第2波に備える(1)スペイン風邪の「前流行」と「後流行」
新型コロナの第2波に備える(2)誰を優先治療するかという「トリアージ」の難問
新型コロナの第2波に備える(3)ワクチンを制する者がポスト・コロナ世界を制する
新型コロナの第2波に備える(4)ロシア製ワクチンはスパイ行為の賜物?
新型コロナの第2波に備える(5)コロナワクチン陰謀説を検証する
新型コロナの第2波に備える(6)給付金は本当に効果があるのか
新型コロナの第2波に備える(7)コロナ規制批判が陰謀説化するとき

新型コロナの第3波に備える(1)英国版ファクターXを読んでみる
新型コロナの第3波に備える(2)トランプ大統領に投与された新薬とは何か
新型コロナの第3波に備える(3)トランプに投与された薬の副作用とは
新型コロナの第3波に備える(4)スウェーデン方式からのリアルな教訓
新型コロナの第3波に備える(5)ロンドンは再びロックダウンに突入!
新型コロナの第3波に備える(6)スウェーデンのロックダウン説を追う
新型コロナの第3波に備える(7)1日の感染者が春のピークの2倍を超えたスウェーデン
新型コロナの第3波に備える(8)ファイザーのワクチンを検証する
新型コロナの第3波に備える(9)目で見るスウェーデンの現状
新型コロナの第3波に備える(10)ワクチンへの幻滅が生み出す危機
新型コロナの第3波に備える(11)封じ込めたはずだった中国の感染拡大
新型コロナの第3波に備える(12)マナウスの集団免疫は幻想だった
新型コロナの第3波に備える(13)「他山の石」スウェーデンのマスク政策
新型コロナの第3波に備える(14)世界全体で見た日本のワクチン事情
新型コロナの第3波に備える(15)独自路線を売物にしたスウェーデンの陥穽
新型コロナの第3波に備える(16)独自に変異したウイルスに親戚が生まれる理由
新型コロナの第3波に備える(17)英国のワクチン接種は成功したか
新型コロナ対策でスウェーデンが失敗らしい;生命至上主義を批判しつつスウェーデン方式を推奨した人たちの奇妙さ
スウェーデンは経済も悲惨らしい;この国を根拠とするコロナ論は破綻した
いまスウェーデン方式を推奨する人の不思議;テグネルは「政治家」であることをお忘れなく

コロナ恐慌からの脱出(1)いまこそパニックの歴史に目を向けよう
コロナ恐慌からの脱出(2)日本のバブル崩壊を振り返る
コロナ恐慌からの脱出(3)これまでの不況と何が違うのか
コロナ恐慌からの脱出(4)パンデミックと戦争がもたらしたもの
コロナ恐慌からの脱出(5)ケインズ経済学の皮肉な運命
コロナ恐慌からの脱出(6)世界金融危機とバーナンキの苦闘
コロナ恐慌からの脱出(7)「失われた30年」の苦い教訓
コロナ恐慌からの脱出(8)ルーズベルトの「未知との遭遇」
コロナ恐慌からの脱出(9)巨大な財政支出だけでは元に戻らない
コロナ恐慌からの脱出(10)どの国が何時どこから先に回復するか
コロナ恐慌からの脱出(11)高橋是清財政への誤解と神話
コロナ恐慌からの脱出(12)グローバリゼーションは終焉するか
コロナ恐慌からの脱出(13)日米の株高は経済復活を意味していない
コロナ恐慌からの脱出(14)巨額の財政出動を断行する根拠は何か
コロナ恐慌からの脱出(15)米国ではバブルの「第2波」が生じている
コロナ恐慌からの脱出(16)家計の消費はいつ立ち上がるのか
ポスト・コロナ社会はどうなる(1)仕事と娯楽の「あり方」は大きく変わらない
ポスト・コロナ社会はどうなる(2)テレワークのデータを見直す
ポスト・コロナ社会はどうなる(3)世界を「戦後」経済がまっている
ポスト・コロナ社会はどうなる(4)貿易も安心もなかなか元に戻らない
ポスト・コロナ社会はどうなる(5)封じ込めの「空気」がオーバーシュートするとき
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です