コロナ恐慌からの脱出(28)米証券市場がバブルでない根拠などない

ほとんどすべてのバブル崩壊において、先行するのがその時の株価を正当化する議論の蔓延である。すでに異常に高くなっていても、さまざまな理屈をつけて「この株価には根拠がある」と多くの人が言うようになる。どうやら、今回の株価についても同様の傾向が強くなってきた。

これまでも繰り返しアメリカの株価はすでにバブルの状態であることを述べてきた。このコロナ禍の状態にあっても記録的な株価が続いているのは、バブルだからなのである。バブルだという根拠というのは簡単で、アメリカ政府とFRBがコロナ禍に対処するため、しゃかりきになって財政出動を行い、また、FRBが市場に湯水のごとく通貨を増加させていることだ。もしコロナ禍がなければ今年の前半にも、大きな調整あるいは崩壊があって、「トランポノミクスの末路」と言われたはずである。

ところが、面白いことに(そして当然のことに)、その財政出動と金融緩和が生み出したさまざまな現象が、こんどはいまの株高を正当化するものとして独り歩きしている。どれでもいいのだが、分かりやすい例として英経済誌ジ・エコノミスト12月19日号の「泡現象なのかファンダメンタルズなのか 投資家のリスキーな資産への熱狂を説明するのは何か」という記事を取り上げてみよう。

そもそも、同記事は「泡現象(フロス)」という言葉を使っているが、これはかつて2008年のバブル崩壊へとつながる株高のなかで、2006年に当時のFRB議長グリーンスパンが使った言葉だった。実は、バブルだとは分かっていたときに、責任をかわすための実にこずるい発言で、フロスとは本来はビールの細かい泡などをさしている。バブルではなくフロスなのだ、だから大したことはないというわけだった。そもそも、こんな言葉を使っているところにも、同誌記者の恐怖や戸惑いが滲み出ているといえるだろう。

同記事は、アメリカにおいて株価が異常なレベルになっていることは認めている。にも拘わらず、あれこれと同じようにバブルになった他の市場を並べて、いかにも株価だけではないと言いたそうなのは、屈折した心理の現れなのだろう。その多くのバブル市場の中でも、株価が群を抜いていることが、一目瞭然で分かるのだから、むしろ、株式市場をバブルと呼ぶべきなのだが、そして、本文ではバブルと呼んでいるのだが、タイトルではフロスなどと逃げているのである。

「金融市場は投資家の将来に対する期待を反映する。そう考えれば2020年のカオス的状態を驚く必要はないのかもしれない。しかし、脆弱な経済状態のなかでリスクの高い資産がリバウンドしているのは、ある種の資産はバブルではないのか、それとも、それらの上下は急速に変わるファンダメンタルズによって説明がつくものなのか、という問いが生まれるだろう」

その通りである。ただし、私は前者を予測するが、この記者は後者を信じたいらしい。興味深いのは、トランプ大統領が繰り広げた株価つり上げ政策を、「ナラティブ・エコノミックス(お話経済学)」だとして批判していたエール大学のロバート・シラー教授たちが、11月30日に発表したレポートで「この株価は馬鹿げたものとはいえない」と結論付けたことである。そのため、バブリーな市場にさらなるドライブがかかっている。そして、ジ・エコノミストの記者も、このシラーたちのレポートをひとつの根拠としているらしい。

シラーたちのレポートとは、すでに紹介しておいた論文(「コロナ恐慌からの脱出(26)ワクチン完成で始まる証券市場の乱高下」を参照のこと)をもとにした短いもので、概要だけ述べれば次のようになる。シラーの開発した株価指標CAPEはいま33と十分に高いが、その逆数をとった値(株式の利益率)と財務省証券10年ものの利回りの差=エクセスCAPEシールドの値も十分に高い。したがって、財務省証券よりもずっと儲かる株式に投資しているのは、アブサード(バカ)な行為とはいえないということである。

それでも、シラーがこの時期に、いまの株価を正当化していると思われてもしかたがないレポートを発表しているのは、彼が嫌っていたトランプ政権から、支持している民主党政権に移行する時期に、波乱を少なくしたいからではないかという疑いも生まれる。しかし、まあ、それもあるかもしれないが、バイデン政権になっても、FRBと組んで財政出動と金融緩和は続けることが予想される。つまり、根拠としては成り立つように見えるわけである。

面白いのは、これだけでは気が済まないようで、同記事の記者はさらにもうひとつ付け加えている。シラーのCAPEには将来への予測が含まれていないので、そのことを加味すれば、ますますいまのビッグ・テック(ネット系の大企業)の株高は正当化されるというわけだ。もちろん、将来への予測こそが金融市場を動かすのであり、そこまでは正しい。しかし、その将来予測はしばしば途方もない幻想であることもあるし、あまりの悲観でもありうるということを忘れている。

いまの「ビッグ・テック」の株高はもちろん将来予測とコロナ政策の合作だが、そうして生まれた株価があたかも平時の合理的な予測の結果であるかのように思い込むところに、株式のバブルが存在するのである。それは、2000年に崩壊したITバブルもそうだったし、2008年の住宅・金融バブルもそうだった。さらに、1990年に派手に弾けた日本の不動産バブルも同じだったのである。

最後の日本でのケースが忘れられているので、少しだけ書いておくと、当時の株価はもちろん高いという人も大勢いたが、専門家のなかには「日本の経済繁栄を反映しているので正当化できる」といっていた人たちが大勢いた。株価の収益率を計算してみると、なんと数十年分を前提として投資していることが分かった。ユーフォリアだったのだ。にもかかわらず、不動産、その他の資産が上昇していたのに、物価はほとんど上昇していなかった。資産バブルというのは、実は部分的なものなのだが、崩壊してから全体に惨禍がおよぶのである。

これは2000年アメリカのITバブルのときも同様で、インタビューされた髭面のノーベル経済学賞受賞者が「これはすばらしい経済です」などとにこやかに答えていたし、2008年の住宅・金融バブルにおいても似たようなもので、「あたらしい金融工学は新しい経済をつくった」などといっていた経済学者は枚挙にいとまない。さらに、アメリカの経済学者がいっているならまだしも、日本の経済学者もそれまでの自分の経済学を放り出して、同じようなことを言っていたのである。

この記事は、読んでみるとなかなか丁寧に書いてあって、その誠意を信じるのはやぶさかではないのだが、ここに取り上げたほんの3つのバブルを振り返ってみるだけで、いまのアメリカの株価(それに追随している日本の株価)が、フロスでもファンダメンタルズでもなく、まちがいなくバブルであることに気がつくのである。記事の締めくくり「バブルという事態は、すくなくとも、始まっていないし終わってもいない」というのは、かつてバブルを正当化した人々の、不遜な言葉の木霊のように聞こえる。

●こちらもご覧ください

日本経済27・8%の下落!;奇説に飛びつくより現実を直視するのが先だ
新型コロナの第2波に備える(1)スペイン風邪の「前流行」と「後流行」
新型コロナの第2波に備える(2)誰を優先治療するかという「トリアージ」の難問
新型コロナの第2波に備える(3)ワクチンを制する者がポスト・コロナ世界を制する
新型コロナの第2波に備える(4)ロシア製ワクチンはスパイ行為の賜物?
新型コロナ対策でスウェーデンが失敗らしい;生命至上主義を批判しつつスウェーデン方式を推奨した人たちの奇妙さ
スウェーデンは経済も悲惨らしい;この国を根拠とするコロナ論は破綻した
いまスウェーデン方式を推奨する人の不思議;テグネルは「政治家」であることをお忘れなく

コロナ恐慌からの脱出(1)いまこそパニックの歴史に目を向けよう
コロナ恐慌からの脱出(2)日本のバブル崩壊を振り返る
コロナ恐慌からの脱出(3)これまでの不況と何が違うのか
コロナ恐慌からの脱出(4)パンデミックと戦争がもたらしたもの
コロナ恐慌からの脱出(5)ケインズ経済学の皮肉な運命
コロナ恐慌からの脱出(6)世界金融危機とバーナンキの苦闘
コロナ恐慌からの脱出(7)「失われた30年」の苦い教訓
コロナ恐慌からの脱出(8)ルーズベルトの「未知との遭遇」
コロナ恐慌からの脱出(9)巨大な財政支出だけでは元に戻らない
コロナ恐慌からの脱出(10)どの国が何時どこから先に回復するか
コロナ恐慌からの脱出(11)高橋是清財政への誤解と神話
コロナ恐慌からの脱出(12)グローバリゼーションは終焉するか
コロナ恐慌からの脱出(13)日米の株高は経済復活を意味していない
コロナ恐慌からの脱出(14)巨額の財政出動を断行する根拠は何か
コロナ恐慌からの脱出(15)米国ではバブルの「第2波」が生じている
コロナ恐慌からの脱出(16)家計の消費はいつ立ち上がるのか
コロナ恐慌からの脱出(17)死亡率の上昇は経済回復を遅らせる
コロナ恐慌からの脱出(18)中国のGDP3.2%増が喜ばれない理由
コロナ恐慌からの脱出(19)米証券市場の3局面をR・シラーが分析する
コロナ恐慌からの脱出(20)米中コロナ・ワクチン戦争の行方
コロナ恐慌からの脱出(21)コロナ・ワクチン完成がバブル崩壊の引き金だ
コロナ恐慌からの脱出(22)FRBのパウエル議長はインフレを招く気なのか
コロナ恐慌からの脱出(23)ハイテク株の下落は市場全体への警告
コロナ恐慌からの脱出(24)下落するトランプとアメリカの評判
コロナ恐慌からの脱出(25)今回のハイテクバブルの「遺産」とは何か
コロナ恐慌からの脱出(26)ワクチン完成で始まる証券市場の乱高下
コロナ恐慌からの脱出(27)パンデミック終息後にインフレが来る?
コロナ恐慌からの脱出(28)米証券市場がバブルでない根拠などない
コロナ恐慌からの脱出(29)ゲームストップ騒動の背後の「大物」
今のバブルはいつ崩壊するか(1)犯人は「欲望」だけではない
今のバブルはいつ崩壊するか(2)はじけて初めてバブルとわかるという嘘
今のバブルはいつ崩壊するか(3)崩壊させるショックとは何か
今のバブルはいつ崩壊するか(4)先行指標をみれば破裂時期が分かる?
今のバブルはいつ崩壊するか(5)的中したリーマンショックの予言
今のバブルはいつ崩壊するか(6)危うい世界経済を診断する
今のバブルはいつ崩壊するか(7)幻想を産み出し破裂させる「物語」
今のバブルはいつ崩壊するか(8)戦争の脅威は株価を暴落させる
今のバブルはいつ崩壊するか(9)パニックとパンデミック[増補版]
今のバブルはいつ崩壊するか(10)米中からのコンテイジョン(伝染)
今のバブルはいつ崩壊するか(11)パニックへの加速モーメント
今のバブルはいつ崩壊するか(12)R・シラーが新型コロナの衝撃を予言する
今のバブルはいつ崩壊するか(13)債務をどう除去するかが決定的
今のバブルはいつ崩壊するか(14)まず不良債権の居座りを阻止せよ
今のバブルはいつ崩壊するか(15)現在の米国・中国の不良債権を検証する
今のバブルはいつ崩壊するか(16)顕在化する債務と収縮する経済
日本には供給が遅れるって本当?;コロナ・ワクチンをめぐる地政学
ポスト・コロナ社会はどうなる(1)仕事と娯楽の「あり方」は大きく変わらない
ポスト・コロナ社会はどうなる(2)テレワークのデータを見直す
ポスト・コロナ社会はどうなる(3)世界を「戦後」経済がまっている
ポスト・コロナ社会はどうなる(4)貿易も安心もなかなか元に戻らない
ポスト・コロナ社会はどうなる(5)封じ込めの「空気」がオーバーシュートするとき
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です