コロナ恐慌からの脱出(26)ワクチン完成で始まる証券市場の乱高下

11月17日の東証は急騰したので、いよいよ日本経済もコロナ禍のトンネルを抜けたかと思った人もいるかもしれない。しかし、この急騰は前日のニューヨーク株式市場の急騰の影響を受けており、そして、ニューヨーク市場において急騰したのが航空機大手ボーイング、石油大手シェブロン、アミューズメントのウォルト・ディズニーだと知れば、むしろ、来るべきものが来たのではないかと憂慮したほうがよいのかもしれない。

すでに「コロナ恐慌からの脱出(21)コロナ・ワクチン完成がバブル崩壊の引き金だ」で書いたように、ワクチンの完成というコロナ禍からの脱出の予兆は、これまでのコロナ経済およびコロナ政策の終わりの始まりである。となれば、急速に投資先が変わっていくからお金の流れも大きく変わってしまう。それでも株価の高低が銘柄間の移動で平均はほぼ維持されるのならいい。オーバーシュートしてしまって全体の下落になってしまう危険は少なくないだろう。

このシリーズで何度も取り上げてきたエール大学のロバート・シラーを中心に、世界の株式市場5つについて、コロナ禍の影響を分析した論文「CAPEとコロナ・パンデミック効果」が10月19日に発表されている。時期的に9月末までのデータを使っているが、いまの世界の株式市場の不可避というべき変化について示唆するところが大きい。とはいっても、すでにシラーがメディアで発言してきたことの延長線上にあるわけだから、それがデータ的に跡付けられただけのことだ。

今回は大雑把に紹介しておくが、詳しく知りたい人はアメリカのメディアでも紹介されているので(たとえば、Institutional Investor 10月20日付)、読んでいただきたい。さて、まず概要からいえば、今回のコロナ禍の最中の世界的株価の上昇は、ひとつはコロナ対応のための低金利とマネーの供給増であり、もうひとつは、テレワーク推奨によって生まれた「これからIT関連企業が繁栄する」というナラティブ(もっともらしい話)から生まれてきたものである。

まず、シラーが開発してきた株価指標CAPE(シラーPER:青色)と10年国債の実質利回り(黄色)、さらにはこの2つ差の数値グラフ(灰色)を見れば、たとえばアメリカにおける金利低下と株価高騰、債券から証券への傾斜が如実に見て取れるわけである。こんなことは、プロの投資家や証券関係者ならば、毎日いやというほど見てきた構図だろう(上の2つの図版)。

もうひとつのIT関連への過剰期待は、産業における分野別の株価変動をグラフにしたものから明らかになっている(上と下の図版)。いったん、コロナ禍が拡大するなかで世界の株価は下落するが、そこから回復させていったのがIT関連であったことは明らかである。ただし、ここで注意しなくてはならないのは、IT銘柄での恩恵を十分に受けたのはアメリカだけで、イギリス、ヨーロッパ、日本はそれほどでもなかったという現実である。

にもかかわらず、なぜ世界の5つの証券市場において急速にリカバリーが進んだのだろうか。シラーたちは、やはり金利の徹底した低さをあげている。「エクセスCAPEイールド」という指標を考案している。〈エクセスCAPEイールド=(1/CAPE)-10年もの国債実質利回り〉。コロナ禍が進んだ期間、この数値を追いかけていっても、まだワクチンが出来ていなかったにもかかわらず、「エクセスCAPEイールドは、ほぼすべての期間、ほぼすべての市場において高かった。これは国債の利回りに対して株式がはるかに魅力的だったことを意味している」。

そして、いま直面しているのが、「セクター・ダイナミック」と呼ばれる現象である。つまり、これまで投資先とされていたIT関連の分野は、コロナ禍を前提としていた急騰だったゆえに、ワクチンが次々と完成に近づいたとの情報が流れるにつれて、これまでコロナ禍の犠牲となっていた分野の株価が、将来性から考えた場合の価値が「安価」「買い得」であるとの評価を受けることになる。株価市場の構造は大きく変化せざるをえないだろう。

11月16日のアメリカで見られた航空産業、石油産業、アミューズメント産業の株式への強い引力は、まだ長期に続くものとはいえないかもしれない。バイデン政権が成立すれば、それなりのコロナ対策を行い(2.2兆ドル規模といわれる)、FRBが金利をゼロに維持し続ければ、トランプ政権下での条件が維持されるからである。しかし、輸送と保存に問題はあるもののファイザー社がワクチンを製造し始め、輸送と保存の問題を解決したらしいモデルナのワクチンが普及すれば、状況は大きく変わっていくことになる。

まずは、以前、述べていたことの繰り返しになるが、今回はシラーたちのグラフを多用した論文の紹介ということで、ここまでにしておくことにする。こうした「ダイナミック」となった金融市場が、どれくらいの速度で変わっていくのか。どれほどの規模なのか。なるだけ早く詳細な紹介をしたいと考えている。

●こちらもご覧ください

日本経済27・8%の下落!;奇説に飛びつくより現実を直視するのが先だ
新型コロナの第2波に備える(1)スペイン風邪の「前流行」と「後流行」
新型コロナの第2波に備える(2)誰を優先治療するかという「トリアージ」の難問
新型コロナの第2波に備える(3)ワクチンを制する者がポスト・コロナ世界を制する
新型コロナの第2波に備える(4)ロシア製ワクチンはスパイ行為の賜物?
新型コロナ対策でスウェーデンが失敗らしい;生命至上主義を批判しつつスウェーデン方式を推奨した人たちの奇妙さ
スウェーデンは経済も悲惨らしい;この国を根拠とするコロナ論は破綻した
いまスウェーデン方式を推奨する人の不思議;テグネルは「政治家」であることをお忘れなく

コロナ恐慌からの脱出(1)いまこそパニックの歴史に目を向けよう
コロナ恐慌からの脱出(2)日本のバブル崩壊を振り返る
コロナ恐慌からの脱出(3)これまでの不況と何が違うのか
コロナ恐慌からの脱出(4)パンデミックと戦争がもたらしたもの
コロナ恐慌からの脱出(5)ケインズ経済学の皮肉な運命
コロナ恐慌からの脱出(6)世界金融危機とバーナンキの苦闘
コロナ恐慌からの脱出(7)「失われた30年」の苦い教訓
コロナ恐慌からの脱出(8)ルーズベルトの「未知との遭遇」
コロナ恐慌からの脱出(9)巨大な財政支出だけでは元に戻らない
コロナ恐慌からの脱出(10)どの国が何時どこから先に回復するか
コロナ恐慌からの脱出(11)高橋是清財政への誤解と神話
コロナ恐慌からの脱出(12)グローバリゼーションは終焉するか
コロナ恐慌からの脱出(13)日米の株高は経済復活を意味していない
コロナ恐慌からの脱出(14)巨額の財政出動を断行する根拠は何か
コロナ恐慌からの脱出(15)米国ではバブルの「第2波」が生じている
コロナ恐慌からの脱出(16)家計の消費はいつ立ち上がるのか
コロナ恐慌からの脱出(17)死亡率の上昇は経済回復を遅らせる
コロナ恐慌からの脱出(18)中国のGDP3.2%増が喜ばれない理由
コロナ恐慌からの脱出(19)米証券市場の3局面をR・シラーが分析する
コロナ恐慌からの脱出(20)米中コロナ・ワクチン戦争の行方
コロナ恐慌からの脱出(21)コロナ・ワクチン完成がバブル崩壊の引き金だ
コロナ恐慌からの脱出(22)FRBのパウエル議長はインフレを招く気なのか
コロナ恐慌からの脱出(23)ハイテク株の下落は市場全体への警告
コロナ恐慌からの脱出(24)下落するトランプとアメリカの評判
コロナ恐慌からの脱出(25)今回のハイテクバブルの「遺産」とは何か
コロナ恐慌からの脱出(26)ワクチン完成で始まる証券市場の乱高下
今のバブルはいつ崩壊するか(1)犯人は「欲望」だけではない
今のバブルはいつ崩壊するか(2)はじけて初めてバブルとわかるという嘘
今のバブルはいつ崩壊するか(3)崩壊させるショックとは何か
今のバブルはいつ崩壊するか(4)先行指標をみれば破裂時期が分かる?
今のバブルはいつ崩壊するか(5)的中したリーマンショックの予言
今のバブルはいつ崩壊するか(6)危うい世界経済を診断する
今のバブルはいつ崩壊するか(7)幻想を産み出し破裂させる「物語」
今のバブルはいつ崩壊するか(8)戦争の脅威は株価を暴落させる
今のバブルはいつ崩壊するか(9)パニックとパンデミック[増補版]
今のバブルはいつ崩壊するか(10)米中からのコンテイジョン(伝染)
今のバブルはいつ崩壊するか(11)パニックへの加速モーメント
今のバブルはいつ崩壊するか(12)R・シラーが新型コロナの衝撃を予言する
今のバブルはいつ崩壊するか(13)債務をどう除去するかが決定的
今のバブルはいつ崩壊するか(14)まず不良債権の居座りを阻止せよ
今のバブルはいつ崩壊するか(15)現在の米国・中国の不良債権を検証する
今のバブルはいつ崩壊するか(16)顕在化する債務と収縮する経済
日本には供給が遅れるって本当?;コロナ・ワクチンをめぐる地政学
ポスト・コロナ社会はどうなる(1)仕事と娯楽の「あり方」は大きく変わらない
ポスト・コロナ社会はどうなる(2)テレワークのデータを見直す
ポスト・コロナ社会はどうなる(3)世界を「戦後」経済がまっている
ポスト・コロナ社会はどうなる(4)貿易も安心もなかなか元に戻らない
ポスト・コロナ社会はどうなる(5)封じ込めの「空気」がオーバーシュートするとき
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です