コロナ恐慌からの脱出(21)コロナ・ワクチン完成がバブル崩壊の引き金だ

あわただしく報道されているように、コロナ・ワクチンの接種が早いところでは今年内に、先進諸国では来年1~3月には始まる可能性が出てきた。いま最終段階の試験に入っているのは6種ないし7種の候補ワクチンだが、これまでのワクチン製造から割り出すと、失敗率はそれぞれが20%とのことで、かなり高い確率でいくつかは成功することになる。

もちろん、2年はかかるといわれたワクチン開発を1年にまで縮小したのだから、その安全性や有効性には何らかの問題が出てくるかもしれない。しかし、いくつか成功したとなれば、これからのワクチン対策は大きく転換するだろうし、また、経済においてリスクの取り方も変わってくる。

しかし、ワクチンの成功と対策の進展は、いま巨大に膨れ上がった世界の証券市場にとっては、別の意味での大きな転換がまっているかもしれない。すでにアメリカの市場ではS&P500の平均はコロナ以前にまで回復しているが、株式市場の構図は大きく変わってしまった(左図The Economist  Aug 8th 2020参照)。

いうまでもなく、FAMAA(フェイスブック、アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット)といった情報技術関連銘柄が、いまの株価バブルを牽引しており、すでにこれらの銘柄でみれば株価はコロナ禍以前の140%に達しようとしている。情報技術関連銘柄なのだから、バブルではないという人がいるだろうが、これらの企業がこれからそれほどまでの実績をあげるかといえば、よほど楽観的でなければ「イエス」とはいえないだろう。

まず、今年1月1日を基準として、株式市場がほぼコロナ禍以前の100に戻ったということ自体が、前期マイナス32.9%と激しい後退をしている実体経済と比較して、バブル以外の何物でもない。また、株価全体とFAMAAとの差を見ても、40%もの差があるのだから、これはITバブルの再来といってよい。

したがって問題は、この明らかなバブルはいかにして形成され、そしていかにして崩壊するかである。バブルの一般論については、すでにこのサイトの「今のバブルはいつ崩壊するか」および「コロナ恐慌からの脱出」のシリーズで述べてきたとおりである。特に注意すべきは、バブルはインフレでなくとも起こるのであり、国民全体の飽和感がなくとも、資産バブルは膨れ上がってしまうということである。

「今のバブルはいつ崩壊するか」は16回ほど連載したが、最後のころには新型コロナ・ウイルスの感染が広がって、「コロナ恐慌からの脱出」に引き継いだ。この連載もすでに20回を超えたが、その間、新型コロナ・ウイルスは猛威を振るい、とくにアメリカにおいては16万人超の死者を出している。にもかかわらず、米政府およびFRBが必死に財政および金融によって経済崩壊を支えようとすればするほど、それはますます巨大なバブルを形成していったわけである。

そしていま、いよいよバブルは終焉に向かっていると言わざるを得ない。ひとつが、今年の秋に行われる大統領選挙であって、結果がどのようになっても、経済政策に大きな影響を与えることになるから、バブルがいまのままで続くというのはむしろ非現実的である。そしてもうひとつが、前述したコロナ・ワクチンの完成であって、それはまさにバブルの歯車が逆転を始める引き金となると思われる。今回は最後にこの「歯車逆転」のケースを簡単に述べておくことにしよう。

目の前にあるアメリカの異常なバブルは、何よりも政府からの財政支出とFRBによる金融緩和および債券買取によって支えられている。そして、投資家たちもそれは分かっていながら、「ほかにやり方がないから(there is no alternative)」いまのようにFAMAAを中心とする証券に投資している。政府が行ったさまざまな消費者支援の一部も、まわりまわって証券市場を支える資金となっているといわれる。

しかし、コロナ・ワクチンが成功したとなれば、インフルエンザとほぼ同列に考えることができる感染症となる。そうなれば、リスクに対する感覚が変わり、急速に以前のような経済活動へ向けての投資が再開されるようになり、これまでの証券市場に向かっての資金の流れは逆転していく。その過程で、どのくらいオーバーシュートするかは分からないが、FAMAA以外の株式も連れ落ちすることになると思われる。

もちろん、コロナ禍が意外なことをいくつも生じさせてきたことを考えれば、これほど単純に逆転していくと思わないほうがいいのかもしれない。そうした意外な罠や逸脱については、以降、詳しく考えていくことにしたい。ちなみに、日本の株式市場だが、このコロナ禍にあっても、ほとんどアメリカ株式市場に追随するかたちで推移してきた。おそらくは、同じパターンを踏むものとして考えてよいだろうが、なるだけアメリカとの比較でふれていくことにしたい。

●こちらもご覧ください

日本経済27・8%の下落!;奇説に飛びつくより現実を直視するのが先だ
新型コロナの第2波に備える(1)スペイン風邪の「前流行」と「後流行」
新型コロナの第2波に備える(2)誰を優先治療するかという「トリアージ」の難問
新型コロナの第2波に備える(3)ワクチンを制する者がポスト・コロナ世界を制する
新型コロナの第2波に備える(4)ロシア製ワクチンはスパイ行為の賜物?
新型コロナ対策でスウェーデンが失敗らしい;生命至上主義を批判しつつスウェーデン方式を推奨した人たちの奇妙さ
スウェーデンは経済も悲惨らしい;この国を根拠とするコロナ論は破綻した
いまスウェーデン方式を推奨する人の不思議;テグネルは「政治家」であることをお忘れなく

コロナ恐慌からの脱出(1)いまこそパニックの歴史に目を向けよう
コロナ恐慌からの脱出(2)日本のバブル崩壊を振り返る
コロナ恐慌からの脱出(3)これまでの不況と何が違うのか
コロナ恐慌からの脱出(4)パンデミックと戦争がもたらしたもの
コロナ恐慌からの脱出(5)ケインズ経済学の皮肉な運命
コロナ恐慌からの脱出(6)世界金融危機とバーナンキの苦闘
コロナ恐慌からの脱出(7)「失われた30年」の苦い教訓
コロナ恐慌からの脱出(8)ルーズベルトの「未知との遭遇」
コロナ恐慌からの脱出(9)巨大な財政支出だけでは元に戻らない
コロナ恐慌からの脱出(10)どの国が何時どこから先に回復するか
コロナ恐慌からの脱出(11)高橋是清財政への誤解と神話
コロナ恐慌からの脱出(12)グローバリゼーションは終焉するか
コロナ恐慌からの脱出(13)日米の株高は経済復活を意味していない
コロナ恐慌からの脱出(14)巨額の財政出動を断行する根拠は何か
コロナ恐慌からの脱出(15)米国ではバブルの「第2波」が生じている
コロナ恐慌からの脱出(16)家計の消費はいつ立ち上がるのか
コロナ恐慌からの脱出(17)死亡率の上昇は経済回復を遅らせる
コロナ恐慌からの脱出(18)中国のGDP3.2%増が喜ばれない理由
コロナ恐慌からの脱出(19)米証券市場の3局面をR・シラーが分析する
コロナ恐慌からの脱出(20)米中コロナ・ワクチン戦争の行方
コロナ恐慌からの脱出(21)コロナ・ワクチン完成がバブル崩壊の引き金だ
コロナ恐慌からの脱出(22)FRBのパウエル議長はインフレを招く気なのか
今のバブルはいつ崩壊するか(1)犯人は「欲望」だけではない
今のバブルはいつ崩壊するか(2)はじけて初めてバブルとわかるという嘘
今のバブルはいつ崩壊するか(3)崩壊させるショックとは何か
今のバブルはいつ崩壊するか(4)先行指標をみれば破裂時期が分かる?
今のバブルはいつ崩壊するか(5)的中したリーマンショックの予言
今のバブルはいつ崩壊するか(6)危うい世界経済を診断する
今のバブルはいつ崩壊するか(7)幻想を産み出し破裂させる「物語」
今のバブルはいつ崩壊するか(8)戦争の脅威は株価を暴落させる
今のバブルはいつ崩壊するか(9)パニックとパンデミック[増補版]
今のバブルはいつ崩壊するか(10)米中からのコンテイジョン(伝染)
今のバブルはいつ崩壊するか(11)パニックへの加速モーメント
今のバブルはいつ崩壊するか(12)R・シラーが新型コロナの衝撃を予言する
今のバブルはいつ崩壊するか(13)債務をどう除去するかが決定的
今のバブルはいつ崩壊するか(14)まず不良債権の居座りを阻止せよ
今のバブルはいつ崩壊するか(15)現在の米国・中国の不良債権を検証する
今のバブルはいつ崩壊するか(16)顕在化する債務と収縮する経済
日本には供給が遅れるって本当?;コロナ・ワクチンをめぐる地政学
ポスト・コロナ社会はどうなる(1)仕事と娯楽の「あり方」は大きく変わらない
ポスト・コロナ社会はどうなる(2)テレワークのデータを見直す
ポスト・コロナ社会はどうなる(3)世界を「戦後」経済がまっている
ポスト・コロナ社会はどうなる(4)貿易も安心もなかなか元に戻らない
ポスト・コロナ社会はどうなる(5)封じ込めの「空気」がオーバーシュートするとき
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です