コロナ恐慌からの脱出(30)ロビンフッドが崩壊の先駆けとなるか

まだ終わったわけではないが、今回のゲームストップ現象を振り返ってみれば、関与しているそれぞれの分野の人々が、自分が儲けられるときには問題があっても黙っていたが、それが暴走してしまったので、あわてて「わたしが悪いんじゃない」と言って、責任を転嫁し合っているという構図の、よくある話である。

ロビンフッドという、アプリを提供して株式取引やデリバティブ取引を介在している「ネット証券」が注目された。しかし、どうも今回のような事態は予想していなかったようで、報道を信じれば、いっぽうでは取引を突然中止されたデイトレーダーが大損して泣いているし、他方ではロビンフッドは借金まみれといった状態にはまりつつある。

しかし、1年くらい前までこのロビンフッドを遡ってみてみれば、いたるところに問題はバラまかれ降り積もっていた。コロナ禍のなかのウォール街の異常なバブルのなかで、規制を先送りにしてきたら、もうどうしようもない巨大なだけの、脆弱な化け物になっていたというとことなのではないか。

英経済誌ジ・エコノミスト2月1日付の「いかにしてゲームストップ英雄譚がロビンフッドを震え上がらせているのか」という、若干、子供用聖書物語的なタイトルのリポートは、すべてが終わったような雰囲気でかかれてある。もちろん、ロビンフッド・アプリでゲームストップに投資したはずなのに、借金をかかえたデイトレーダーたちはこのままでは引けないと思っているかもしれない。しかし、議会が本腰をあげて規制に乗り出しそうで、そうなればかつてのような野放図なアプリ投資もやりにくくなるだろう。

さて、このシニックな経済誌は2つの結果を客観的に予想している。まずひとつが、「ロビンフッドはそのユーザーのほとんどを失ってしまうかもしれない」ということである。「有名なサブサイトの急激な増加から生まれたロビンフッド自身の劇的な膨張を、うまく解決することができなかった」。そもそも、ロビンフッドを創業したときに、同CEOのウラジミール・テネフはこれほどのスピードと規模を考えていなかったのだ(写真:The Economistより)。

つぎにふたつ目だが、「ロビンフッドのアプリを通じての売買に対して、いったいどのように利益の支払いが行われていたのか、この点についてはSECも、議会の議員たちも、関心を高めている」ことだ。それは企業であるかぎり、ちゃんとした記録が残っていそうなものだが、ロビンフッドというところはテネフが何でも決めていたらしく、これから経営状態を調べるとしても難航が予想されているという。

今回のゲームストップ報道では「ダビデ対ゴリアテ」ともてはやされた。旧約聖書に出てくる、後に王になるダビデが巨人ゴリアテを倒す物語で、まだ小さな者が知恵と勇気によって獰猛で大きな存在を倒すことの喩えとして持ち出される話だ。おそらく、神など信じていない欧米ジャーナリストたちでも、ダビデ対ゴリアテと書きたくなるのは、やはりキリスト教を基盤とした文明圏だからなんだろう。

私は「ダビデはひとりで戦ったのだから、ちょっと違うのじゃないか」と思ったが、ジ・エコノミストは「物語に喩えていえば、ロビンフッドがゲームストップ株の売買を停止したのは、ただの裏切り物語以外のなにものでもない。ゲームストップのドラマは、ロビンフッドはかつてネット小口投資でたっぷり稼いだが、いまは存続の危機に瀕しているという話を提供している」。

以前からロビンフッドは当局から目をつけられていた例として、ジ・エコノミストが挙げているのは、昨年の11月17日にSECがロビンフッドがユーザーの株売買で生じた取引をちゃんと報告していないとして処分したケースだった。このときロビンフッドは罰金として6500万ドルを払っている。

それ以前にもトラブルは多く、日本でも昨年、メールマガジン「現代ビジネス」2020年8月19日号でジャーナリストの小林雅一氏が「米国の異常な株高を支える投資アプリ『ロビンフッド』の危険なカラクリ」をリポートしている。小林氏は「ゲーム感覚で株の売買ができる同アプリは、現在の異常な株高の光と影をくっきりと映し出している」と述べつつ、このアプリによって「損失で首が回らなくなる若者が続出」していることを指摘している。これも小林氏の、あいかわらず先駆的な、警告だったといわざるをえない(図版:日本経済新聞より)。

しかし、こうしてゲームストップやロビンフッドについて書いていても、かならずしも新しい事件とは思えないのは、株式バブルというのが、注目される事件は表向きは異なっているように見えても、本質的には似通っているからだ。大恐慌に衝撃を受けて経済学者にのちなったジョン・ガルブレイスは、新社会主義を提唱するなどいろいろ問題もある経済学者だったが、バブルについては常に正鵠を射ていた。

そのガルブレイスが述べたのは「お金にレヴァレッジをかけるようになり、『金融の天才』が何人も現れるようになったら、そのときは間違いなくバブルである」ということだった。いまやコロナ禍ということもあってか、ニューヨークの異常な株価を「根拠がある」とか「バブルとはいえない」とかいう評論家や経済学者が多くなった。もう、こうなったら間違いなくバブルも末期であり、そして次はクラッシュが来るのが、これまでの例からいって物語としての流れである。

●こちらもご覧ください

ゲームストップ株の異常な乱高下;その背後にあるものは何なのか

日本経済27・8%の下落!;奇説に飛びつくより現実を直視するのが先だ
新型コロナの第2波に備える(1)スペイン風邪の「前流行」と「後流行」
新型コロナの第2波に備える(2)誰を優先治療するかという「トリアージ」の難問
新型コロナの第2波に備える(3)ワクチンを制する者がポスト・コロナ世界を制する
新型コロナの第2波に備える(4)ロシア製ワクチンはスパイ行為の賜物?
新型コロナ対策でスウェーデンが失敗らしい;生命至上主義を批判しつつスウェーデン方式を推奨した人たちの奇妙さ
スウェーデンは経済も悲惨らしい;この国を根拠とするコロナ論は破綻した
いまスウェーデン方式を推奨する人の不思議;テグネルは「政治家」であることをお忘れなく

コロナ恐慌からの脱出(1)いまこそパニックの歴史に目を向けよう
コロナ恐慌からの脱出(2)日本のバブル崩壊を振り返る
コロナ恐慌からの脱出(3)これまでの不況と何が違うのか
コロナ恐慌からの脱出(4)パンデミックと戦争がもたらしたもの
コロナ恐慌からの脱出(5)ケインズ経済学の皮肉な運命
コロナ恐慌からの脱出(6)世界金融危機とバーナンキの苦闘
コロナ恐慌からの脱出(7)「失われた30年」の苦い教訓
コロナ恐慌からの脱出(8)ルーズベルトの「未知との遭遇」
コロナ恐慌からの脱出(9)巨大な財政支出だけでは元に戻らない
コロナ恐慌からの脱出(10)どの国が何時どこから先に回復するか
コロナ恐慌からの脱出(11)高橋是清財政への誤解と神話
コロナ恐慌からの脱出(12)グローバリゼーションは終焉するか
コロナ恐慌からの脱出(13)日米の株高は経済復活を意味していない
コロナ恐慌からの脱出(14)巨額の財政出動を断行する根拠は何か
コロナ恐慌からの脱出(15)米国ではバブルの「第2波」が生じている
コロナ恐慌からの脱出(16)家計の消費はいつ立ち上がるのか
コロナ恐慌からの脱出(17)死亡率の上昇は経済回復を遅らせる
コロナ恐慌からの脱出(18)中国のGDP3.2%増が喜ばれない理由
コロナ恐慌からの脱出(19)米証券市場の3局面をR・シラーが分析する
コロナ恐慌からの脱出(20)米中コロナ・ワクチン戦争の行方
コロナ恐慌からの脱出(21)コロナ・ワクチン完成がバブル崩壊の引き金だ
コロナ恐慌からの脱出(22)FRBのパウエル議長はインフレを招く気なのか
コロナ恐慌からの脱出(23)ハイテク株の下落は市場全体への警告
コロナ恐慌からの脱出(24)下落するトランプとアメリカの評判
コロナ恐慌からの脱出(25)今回のハイテクバブルの「遺産」とは何か
コロナ恐慌からの脱出(26)ワクチン完成で始まる証券市場の乱高下
コロナ恐慌からの脱出(27)パンデミック終息後にインフレが来る?
コロナ恐慌からの脱出(28)米証券市場がバブルでない根拠などない
コロナ恐慌からの脱出(29)ゲームストップ騒動の背後の「大物」
コロナ恐慌からの脱出(30)ロビンフッドが崩壊の先駆けとなるか
コロナ恐慌からの脱出(31)群衆の知恵から群集心理に転落したゲームストップ現象
今のバブルはいつ崩壊するか(1)犯人は「欲望」だけではない
今のバブルはいつ崩壊するか(2)はじけて初めてバブルとわかるという嘘
今のバブルはいつ崩壊するか(3)崩壊させるショックとは何か
今のバブルはいつ崩壊するか(4)先行指標をみれば破裂時期が分かる?
今のバブルはいつ崩壊するか(5)的中したリーマンショックの予言
今のバブルはいつ崩壊するか(6)危うい世界経済を診断する
今のバブルはいつ崩壊するか(7)幻想を産み出し破裂させる「物語」
今のバブルはいつ崩壊するか(8)戦争の脅威は株価を暴落させる
今のバブルはいつ崩壊するか(9)パニックとパンデミック[増補版]
今のバブルはいつ崩壊するか(10)米中からのコンテイジョン(伝染)
今のバブルはいつ崩壊するか(11)パニックへの加速モーメント
今のバブルはいつ崩壊するか(12)R・シラーが新型コロナの衝撃を予言する
今のバブルはいつ崩壊するか(13)債務をどう除去するかが決定的
今のバブルはいつ崩壊するか(14)まず不良債権の居座りを阻止せよ
今のバブルはいつ崩壊するか(15)現在の米国・中国の不良債権を検証する
今のバブルはいつ崩壊するか(16)顕在化する債務と収縮する経済
日本には供給が遅れるって本当?;コロナ・ワクチンをめぐる地政学
ポスト・コロナ社会はどうなる(1)仕事と娯楽の「あり方」は大きく変わらない
ポスト・コロナ社会はどうなる(2)テレワークのデータを見直す
ポスト・コロナ社会はどうなる(3)世界を「戦後」経済がまっている
ポスト・コロナ社会はどうなる(4)貿易も安心もなかなか元に戻らない
ポスト・コロナ社会はどうなる(5)封じ込めの「空気」がオーバーシュートするとき
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い
流言蜚語が「歴史」をつくる;いま情報には冷たく接してちょうどいい
複合エピデミックには間口の広い戦略が有効だ;新型コロナとバブル崩壊との闘い

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です