新型コロナの第7波に備える(1)オミクロンは「免疫刷り込み」のため感染阻止できない?

7月5日のコロナ新規感染者数は5302人と、前週から2788人も増えて「いよいよ第7派」が現実のものとなりそうな勢いだ。まだ、細かいデータは発表されていないが、オミクロン株のサブ変異体BA.5の感染が進んでいるようだ。それにしても、なぜ、オミクロン株はワクチン接種者の重症化の確率は低く抑えられるのに、感染を防ぐことだけは難しいのだろうか。

フィナンシャルタイムズ紙7月3日付に掲載された「コロナ・ワクチン:いかにして免疫刷り込みは専門家にワクチン接種の再考を促したのか」は、まさにこの理由とそこから生まれてくるワクチン戦略の再考について、最近の研究を中心に紹介している。これまでは、オミクロン株は最初のコロナ・ウイルスから分かれたウイルスだが、デルタ株などとはかなり異なった「遠い親戚」だからと説明されてきたが、今度はもう少し切り込んでいる。

同紙がタイトルに使った「免疫刷り込み(イミュニティ・インプリンティング)」は、かつては「抗原原罪(オリジナル・アンティジェネティック・シン)」と呼ばれていたらしいが、あるウイルスに対するワクチンで治療すると、人間の免疫システムのなかにそのときの対応が記憶されている。これは本来、次の感染を阻止するはずなのだが、同じウイルスでも株が異なると、過去の記憶に邪魔され免疫システムの機能が抑えられてしまうという現象らしい。これまでも、インフルエンザやデング熱でも、この現象は発見されていたが、コロナでもオミクロン株になって明らかにされたわけである。

この研究はインペリアル・カレッジ・ロンドンのグループによってすすめられ、すでに6月、科学雑誌サイエンスに掲載されている。ここで紹介する図版は、その論文をもとに研究グループのローズマリー・ボイトンとフィナンシャル・タイムズ紙が作成したもので、オミクロン株の研究を中心にしているが、コロナ・ウイルスによる感染とそのワクチンの接種によって、人間にどのような免疫が生まれるのかを追跡した興味深いものだ(上下でダブリの部分あり)。

コロナの免疫を持っているといっても、それが自然感染なのかワクチンなのかだけでなく、ウイルスの変異のどの段階で、感染あるいは接種したのかによって、実は、「それぞれの人によって、また、それぞれの国によって」さまざまな種類の免疫を持つことが図解されている。そのなかで、いま問題となっているオミクロン株の対策をどうするか、とくに、ワクチンをどのように接種するかに大きな示唆を与えることとなった。

単純化していうと、「自然感染によるのかワクチンによるのかの別なく、免疫力を持っていてもオミクロン株のBA.4やBA.5の再感染を、阻止することはできない」というのが現状であり、「しかも、そうした『ブレークスルー』感染は、これまで言われてきたように、必ずしもマイルドだとは限らない」というのが、こうした最先端の研究を続けている人たちの、共通認識になりつつある。

ただし、前出の論文の共同執筆者のひとりであるダニー・アルトマンは「私たちの研究はオミクロン感染についての懸念を明確にしたわけですが、重症化を食い止める効果は残るわけですから、ブースター(追加接種)を受け入れることは、もっと奨励されるべきだと思います」。すでにアメリカでは、オミクロン株をターゲットにするワクチンについての本格的な議論が始まっており、もちろんワクチンメーカーでは総合ワクチンの可能性を模索している。

●こちらもご覧ください

新型コロナ第7波に備える(1)オミクロンは「免疫刷り込み」のため感染阻止できない?
新型コロナの第7波に備える(2)オミクロン株BA.5の脅威は国によって異なる?

新型コロナの第6波に備える(1)ドイツの感染者1日に5万人の理由
新型コロナの第6波に備える(2)オミクロン株への対策はどうすべきか
新型コロナの第6波に備える(3)新変異株オミクロンはすでに拡散している?
新型コロナの第6波に備える(4)中国が1300万人の西安をロックダウンする裏事情
新型コロナの第6波に備える(5)中国の「ゼロ・コロナ」は五輪までもつのか?
新型コロナの第6波に備える(6)いかにしてコロナ禍は終わるのか
新型コロナの第6波に備える(7)世界のコロナ死は公式発表の3.4倍の1870万人に達した
新型コロナの第6波に備える(8)ドイツの反コロナ運動はなぜ過激化したのか
新型コロナの第6波に備える(9)オミクロン株の専用ワクチンが必要だ

南アフリカで発見された新変異株とは何者か
新型コロナの第5波に備える(1)コロナ後遺症の現実をデータで見る
新型コロナの第5波に備える(2)スウェーデンにも「ファクターX」が登場した
新型コロナの第5波に備える(3)世界のコロナ死は公式発表の3倍の1500万人だ?

新型コロナの第4波に備える(1)ワクチン接種の利益と危険をグラフで比較する
新型コロナの第4波に備える(2)集団免疫を阻止する5つの難関とは
新型コロナの第4波に備える(3)世界のコロナ死者数は実は3倍の1億人である?
新型コロナの第4波に備える(4)アストラゼネカとJ&Jのワクチンを救え!
いまもマスクを否定するスウェーデン;むしろ危険とする根拠の論文72%は実は支持だった

ワクチンを有効にするのは何か;先頭を切って接種する英国の騒動から読む

新型コロナの第2波に備える(1)スペイン風邪の「前流行」と「後流行」
新型コロナの第2波に備える(2)誰を優先治療するかという「トリアージ」の難問
新型コロナの第2波に備える(3)ワクチンを制する者がポスト・コロナ世界を制する
新型コロナの第2波に備える(4)ロシア製ワクチンはスパイ行為の賜物?
新型コロナの第2波に備える(5)コロナワクチン陰謀説を検証する
新型コロナの第2波に備える(6)給付金は本当に効果があるのか
新型コロナの第2波に備える(7)コロナ規制批判が陰謀説化するとき

新型コロナの第3波に備える(1)英国版ファクターXを読んでみる
新型コロナの第3波に備える(2)トランプ大統領に投与された新薬とは何か
新型コロナの第3波に備える(3)トランプに投与された薬の副作用とは
新型コロナの第3波に備える(4)スウェーデン方式からのリアルな教訓
新型コロナの第3波に備える(5)ロンドンは再びロックダウンに突入!
新型コロナの第3波に備える(6)スウェーデンのロックダウン説を追う
新型コロナの第3波に備える(7)1日の感染者が春のピークの2倍を超えたスウェーデン
新型コロナの第3波に備える(8)ファイザーのワクチンを検証する
新型コロナの第3波に備える(9)目で見るスウェーデンの現状
新型コロナの第3波に備える(10)ワクチンへの幻滅が生み出す危機
新型コロナの第3波に備える(11)封じ込めたはずだった中国の感染拡大
新型コロナの第3波に備える(12)マナウスの集団免疫は幻想だった
新型コロナの第3波に備える(13)「他山の石」スウェーデンのマスク政策
新型コロナの第3波に備える(14)世界全体で見た日本のワクチン事情
新型コロナの第3波に備える(15)独自路線を売物にしたスウェーデンの陥穽
新型コロナの第3波に備える(16)独自に変異したウイルスに親戚が生まれる理由
新型コロナの第3波に備える(17)英国のワクチン接種は成功したか
新型コロナの第3波に備える(18)日本人のワクチン接種率を知っていますか?
新型コロナ対策でスウェーデンが失敗らしい;生命至上主義を批判しつつスウェーデン方式を推奨した人たちの奇妙さ
スウェーデンは経済も悲惨らしい;この国を根拠とするコロナ論は破綻した
いまスウェーデン方式を推奨する人の不思議;テグネルは「政治家」であることをお忘れなく

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください