新型コロナの第6波に備える(9)オミクロン株の専用ワクチンが必要だ

オミクロン株の感染が世界に広がるなかで、2回のワクチン接種だけでは十分ではないことが明らかになったが、さらに、いまのワクチンでは3回目もあまり効かないのではないかとの不安が広がっている。では、なぜオミクロン株はこれまでのワクチンが充分に効かないのか、その研究がいくつか進められている。

英経済誌ジ・エコノミスト1月7日号に掲載された「コロナワクチンはオミクロン株にはアップデートが必要」との記事は、1月12日にも同誌電子版に再掲載された。まず、結論から書いてしまうと、オミクロン株はこれまでの新型コロナウイルスの中ではかなり独特の性質をもっているため、2回では十分ではなく、また3回でも重症化や死亡を防ぐという意味で効果があるが、感染を防ぐにはオミクロン株専用のワクチンが必要だというものだ。

同誌が紹介しているのは、アムステルダム大学とオランダ公共衛生研究所の研究者たちによるオミクロン株ウイルス研究で、ざっくりいってしまうと「オミクロン株は他の新型コロナウイルスのグループからは離れた性格をもつ」という結論を導きだしている(右図を参照)。分析手法や図版作製技法については省略するが、最初の新型コロナウイルス(これをアンセスター=先祖と呼んでいる)からの違いを見ると、予想以上に大きかったというわけである。

アムステルダム大学のコリン・ラッセル博士によれば、「他の新型コロナウイルス変異株とオミクロン株の共通性が少ないといっても、まったくないということではありません。むしろ、いまのワクチンによる第3回目の接種でも、それなりの有効性を与えてくれるのは何故かということが問題になるわけです」。

この研究に携わった研究者たちは、オミクロン株に感染するかワクチンを打っている人が多くなればなるほど、それまでより何らかの防御を持つ人が多くなることは予想されるという。また、他の研究でも人間のT細胞にある免疫システムの一部は、ウイルスがオミクロン株に変異しても、それほど機能が落ちるとは思われないという。

「たぶん、それが、他の変異株の感染やワクチン接種によって免疫を持つようになった人が、重症化や死亡に至ることが少ない理由のひとつだと思われる。もうひとつの理由は、オミクロン株そのものが、元来致死的な毒性をもたないという可能性もある」と同誌は述べている(写真:The Economistより)。

とはいえ、感染の拡大速度はあまりにも大きい。前出のラッセル博士は次のように提案している。「インフルエンザについてはWHOが中心となって、年に2度、アップデートの必要性を専門家に諮問している。新型コロナのワクチンについても同様のことが必要です。最大の効果を望むなら、いまのワクチンはすぐにもアップデートされるべきです」。

オミクロン株が他の新型コロナウイルスの変異株と、その発生の過程からしてかけ離れたものであることは、すでに同誌2021年12月4日号の「オミクロン株は不吉だ。それがどれほど悪くなりうるか?」のなかで、新型コロナウイルスの「進化」における枝分かれについての研究を紹介している。同記事よれば、オミクロン株という「支族」は「先祖」からの枝分かれのかなり初期に、すでにほかの変異株とは別の道を歩んでいたという(図を参照。オミクロン株はいちばん上)。

また、前出のオランダのグループが研究を発表した同じ日に、科学雑誌の『セル(Cell)』に「新型コロナウイルスにおける抗原の分岐をマッピングする」という論文が発表されている。これも同じようにオミクロン株の独自の性質を指摘するもので、結論は「ワクチンの効果を確かなものにするには、ワクチンのアップデートが好ましい」だった。もちろん、ワクチン・メーカーはすでに動いている。ファイザーは今年の3月までに、専用ワクチンを供給すると発表している。

●こちらもご覧ください

新型コロナ第7派に備える(1)オミクロンは「免疫刷り込み」のため感染阻止できない?

新型コロナの第6波に備える(1)ドイツの感染者1日に5万人の理由
新型コロナの第6波に備える(2)オミクロン株への対策はどうすべきか
新型コロナの第6波に備える(3)新変異株オミクロンはすでに拡散している?
新型コロナの第6波に備える(4)中国が1300万人の西安をロックダウンする裏事情
新型コロナの第6波に備える(5)中国の「ゼロ・コロナ」は五輪までもつのか?
新型コロナの第6波に備える(6)いかにしてコロナ禍は終わるのか
新型コロナの第6波に備える(7)世界のコロナ死は公式発表の3.4倍の1870万人に達した
新型コロナの第6波に備える(8)ドイツの反コロナ運動はなぜ過激化したのか
新型コロナの第6波に備える(9)オミクロン株の専用ワクチンが必要だ

南アフリカで発見された新変異株とは何者か
新型コロナの第5波に備える(1)コロナ後遺症の現実をデータで見る
新型コロナの第5波に備える(2)スウェーデンにも「ファクターX」が登場した
新型コロナの第5波に備える(3)世界のコロナ死は公式発表の3倍の1500万人だ?

新型コロナの第4波に備える(1)ワクチン接種の利益と危険をグラフで比較する
新型コロナの第4波に備える(2)集団免疫を阻止する5つの難関とは
新型コロナの第4波に備える(3)世界のコロナ死者数は実は3倍の1億人である?
新型コロナの第4波に備える(4)アストラゼネカとJ&Jのワクチンを救え!
いまもマスクを否定するスウェーデン;むしろ危険とする根拠の論文72%は実は支持だった

ワクチンを有効にするのは何か;先頭を切って接種する英国の騒動から読む

新型コロナの第2波に備える(1)スペイン風邪の「前流行」と「後流行」
新型コロナの第2波に備える(2)誰を優先治療するかという「トリアージ」の難問
新型コロナの第2波に備える(3)ワクチンを制する者がポスト・コロナ世界を制する
新型コロナの第2波に備える(4)ロシア製ワクチンはスパイ行為の賜物?
新型コロナの第2波に備える(5)コロナワクチン陰謀説を検証する
新型コロナの第2波に備える(6)給付金は本当に効果があるのか
新型コロナの第2波に備える(7)コロナ規制批判が陰謀説化するとき

新型コロナの第3波に備える(1)英国版ファクターXを読んでみる
新型コロナの第3波に備える(2)トランプ大統領に投与された新薬とは何か
新型コロナの第3波に備える(3)トランプに投与された薬の副作用とは
新型コロナの第3波に備える(4)スウェーデン方式からのリアルな教訓
新型コロナの第3波に備える(5)ロンドンは再びロックダウンに突入!
新型コロナの第3波に備える(6)スウェーデンのロックダウン説を追う
新型コロナの第3波に備える(7)1日の感染者が春のピークの2倍を超えたスウェーデン
新型コロナの第3波に備える(8)ファイザーのワクチンを検証する
新型コロナの第3波に備える(9)目で見るスウェーデンの現状
新型コロナの第3波に備える(10)ワクチンへの幻滅が生み出す危機
新型コロナの第3波に備える(11)封じ込めたはずだった中国の感染拡大
新型コロナの第3波に備える(12)マナウスの集団免疫は幻想だった
新型コロナの第3波に備える(13)「他山の石」スウェーデンのマスク政策
新型コロナの第3波に備える(14)世界全体で見た日本のワクチン事情
新型コロナの第3波に備える(15)独自路線を売物にしたスウェーデンの陥穽
新型コロナの第3波に備える(16)独自に変異したウイルスに親戚が生まれる理由
新型コロナの第3波に備える(17)英国のワクチン接種は成功したか
新型コロナの第3波に備える(18)日本人のワクチン接種率を知っていますか?
新型コロナ対策でスウェーデンが失敗らしい;生命至上主義を批判しつつスウェーデン方式を推奨した人たちの奇妙さ
スウェーデンは経済も悲惨らしい;この国を根拠とするコロナ論は破綻した
いまスウェーデン方式を推奨する人の不思議;テグネルは「政治家」であることをお忘れなく

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください