フク兄さんとの哲学対話(3)アウグスティヌスと「根拠」など

フク兄さんとの対話が、しばらく途絶えていた。わたしが、ちょっと多忙だったのだ。フク兄さんは、この対話に登場していることを、いやいやであるかのようにふるまっていたが、そのくせ、一族郎党に知らせていた。例によって( )内は私の独白。

フク兄さん ひさしぶりじゃなあ。ま、このくらいの間があったほうがいいかもな。

わたし ほんとは、もっと早く続けたかったんだけど、ちょっとやることがあったんで……。

フク兄さん ところで、この間、考えるさいの「根拠」とかいっとったろう。あれ、ほんとうなんじゃろか。哲学をやっている人は、ほんとに根拠をかためてしゃべっているんじゃろか。

わたし う~ん、まあ、近代哲学の父とされるデカルトは、「我思う、ゆえに我あり」といったんだけど。つまり、この世は疑わしいことだらけだけど、ここで思索している自分というのは疑えない。だから、そこから出発すれば正しい思考ができるだろうということだよね。それが、近代哲学の始まりだということになってる。

フク兄さん その言葉はわしも聞いたことがある。しかし、そうかのう~。その思っている自分というのは、そんなに確実なのかのう。たとえば、それが夢の中だったり、高い山に登って頭がくらくらしていたり……とか。

わたし そうなんだよね。それが単に心理的なものだと言ってしまえば、本当は根拠になんかならないんだ。むかし読んだ、サルトルの小説で、いつも自分に自信がない若者がでてきて、よって立つべきものが分からないと哲学の教師にいうと、その哲学の教師が、「その問題はとうに解決している。デカルトがいったように、我思う、ゆえに我ありだよ」なんて、お気楽なことをいう。もちろん、その若者は納得できないんだ。

フク兄さん それが近代の始まりだとすれば、よう分からんけど、その近代とかいうのは、あんまり根拠がないことになるのう。

わたし ま、近代の始まりというと、いろいろな解釈があって、政治的には1648年のウェストファリア条約だとかいうんだけど。実は、ぼくも若いときにデカルトの『方法論序説』を読んで、どうしてこれが近代なんだと思ったことがある。だって、この本はいっしょうけんめい神の存在証明をやっているし、人間は脳みそのなかの脳下垂体だったか、松果体だったかで神とつながっているというような話をまじめにやっているんだ。

フク兄さん ま、信奉者たちの思いすごしということは、よくあるじゃろ。

わたし というか、デカルトという人は腕のいいレンズ磨きだったことは確かでも、ほんとうに近代哲学とか科学とかの先駆者かといえば、分からないんだなあ。なぜ、物が落ちるかというと、引力があるからじゃなくで、この世界を充満しているエーテルが物を下へ下へと押しているからだとかいうんだ。

フク兄さん こまかいことはええが、思っている自分は間違いないというのと、その神の証明とかいうのが面白そうじゃな。というか、問題ありみたいじゃな。ほっほっほ。

わたし デカルトは「我思う、ゆえに我あり」が確実な根拠だとして、そこから神の存在証明にまでいくんだけど、これも、ざっといって「自分は完全であるという観念を知っているが、完全というのは神だけに属するものだ。だから、その観念は神から与えられたもので、与えてくれた神は存在することになる」とかいって、証明したことにしてしまう。これも心理的なもんだよね。

フク兄さん なんだか、いいかげんなもんじゃな。というより、なんだか新興宗教の布教活動で、純朴な人を説得するさい、煙にまく方法じゃな(えっ、そこまでいうか)。

わたし ま、新興宗教はともかく、デカルトの「我思う、ゆえに我あり」も「神の存在証明」も、実は、キリスト教の伝統のなかに、どっぷりと漬かっているといえるんだな。我思う、ゆえに我ありというのは、実は、キリスト教神学の基礎をつくった教父アウグスティヌスが言った「我疑う、ゆえに我あり」のもじりだという説があるし、神の存在証明のほうもスコラ哲学の父といわれるアンセルムスの本体論的証明と瓜二つなんだ。

フク兄さん なんだ、その近代哲学の父さんは、後ろ足はしっかりと中世の人じゃったんじゃな。でも、わるいことじゃない。

わたし また、話が妙な方向に来てしまったけど、アウグスティヌス、アンセルムス、そしてデカルトと見ていくと、いまでいう認識論が、どういうわけか自分の心理や自分の頭の中だけで満足しているというところがあると、指摘されることもある。つまり、心理主義だよね。

フク兄さん ふむ、ふむ。わしが、前回、言ったとおりになってきたのう。(え、そうかなあ)わしも心理主義者じゃぞ。わしの心も頭も、もうそろそろ一杯やりたいと言っておる。どうかの?

わたし しかたないなあ~。じゃ、ちょっとだけ。今日は、一ノ蔵にしておいたよ。(やれ、やれ)

フク兄さん おお、うまいの~。キレがいい酒じゃ。グビグビグビ、ああ、うまい。もう、陶然としてきた。ああ、わしの根拠も存在も、あいまいになってきたぞ……。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です