フク兄さんとの哲学対話(32)カント②初期の哲学と霊視者との対決

初夏からあんまり暑いものだから、なかなかフク兄さんの家に行く機会がなく、しかも、ウクライナ戦争の状況がころころ変わるので、目が離せなくなったのも、この哲学対話がしばらくお休みになった原因となった。しかし、目の前のことばかりに囚われていては、かえってモノが見えなくなってしまう。気温36度のなか、フク兄さんとの対話を続けることにした。例によって( )はわたしの独白である。

フク兄さん おお、よく来たのう。こんな強い日差しのなかを、よく歩いてこれたのう。(交通の便が悪いので、そうするしかなかったんだけど)

わたし いや~、ほんとに暑いねえ。フク兄さんは厚着のくせがあるから、熱中症に気をつけないとね。(いや~、ほんとに暑そうだな)

フク兄さん カントさんの話が、イントロダクションだけで止まっているので、ぜひ、本論に入りたいと思っておったが、さて、今日はどんな話になるのかのう。

わたし 今回からすぐにカントの『純粋理性批判』に入ろうと思っていたけれど、まず、カントの哲学者としての初期について、ちょっと触れておいたほうがいいと思うんだ。カントといえば『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』の「三批判」が有名で、それがまた、隙間のないような綿密な議論と文章で知られている。

フク兄さん おお、どうもそうらしいのう。

わたし だけど、若いころのカントというのは、人づきあいがよくて、書く文章も才気ばしった、軽快なものが多かったんだ。若いころの弟子にヘルダーという人がいて、彼は後に言語学や文化論で有名になるんだけど、カントの大学での講義もとても面白かったといってる。食事も街の食堂でとったんだけど、食べている間も談論風発で、学生たちが押しかけたらしい。

フク兄さん ほう、人気者だったのじゃな。それが変わってしまったわけかのう。

わたし 若いころに取り組んでいたのが、意外なことに科学哲学で、自然科学についても詳しく、とくにニュートンの『プリンキピア』に通じていて、さらにニュートンのライバルであるライプニッツも取り入れ統合しようとしていた。後にカール・ポッパーが「カントの思想はニュートン科学の哲学的表現」という意味のことを述べている。もちろん、科学哲学も宇宙論も、論文はいくつも書いていて、これらはどれも生き生きとした論争的なものだったんだね。

フク兄さん 何か大きな切っ掛けでもあったのかのう、たとえば食堂の娘に片思いのすえに失恋するとか、転んで頭をぶつけるとか……。(いくらなんでも、フク兄さんじゃないだから、それはないだろう)

わたし もちろん、いくつもの切っ掛けがあって、それが三批判の時代に大転換するわけだけれど、ひとつが前回述べたように、英国のデビッド・ヒュームの哲学に触れて「まどろみから覚まされる」ようなショックを受けた。そして、もうひとつが、ある霊視者にひかれて一時は夢中になったけれど、踏みとどまって、いわゆるスピリチュアルな言説を、激しく批判するようになったことが挙げられる。

フク兄さん 霊視者というのは、その~、あれか、「ここにあなたのお母さまの霊がおられます」とか「死者の国にいってきました」とか「あなたはクレオパトラの生まれ変わりです」などというやつか。まさかな~、ほっほっほっほ。

わたし いや、まさにその類の霊視者に強い関心をもったんだ。ほぼ同時代にスウェーデンで活躍した、スウェーデンボルグ(あるいはスウェーデンボリ)という霊視者がいて、この人物は同国の高級官僚も務めていた。しかも、自然科学にも詳しく、人びとから大変な尊敬を受けていたんだね。ゲーテはこの人物をファウストのモデルにしたという説もある。その人物が、死者の国についての見聞録を発表し、さらには遺族しか知らないことや、死者しか分からないはずの事実を語ったので、ヨーロッパ中で評判になったんだね。

フク兄さん ほう~、面白いのう。(あ、目がらんらんとしてきた)

わたし たとえば、あるとき、死者の国で出会った人物に、家族に伝えないでしまった遺産のありかを、遺族に伝えてほしいといわれたという話を披露した。そこで、遺族が言われたとおりにすると、二重底になった引き出しの中から、高価な宝石を発見したというので、スウェーデンボルグは霊視者として本物だと評価されるようになった。似たような話がいくつもあって、カントが興味をもったころには、彼の霊力も彼の語る死後の世界も信じる人が多かったんだ。

フク兄さん わしも、むかし失くした大きなダイヤモンドのありかを、霊視者に教えてもらおうかのう。(なにいってるんだ、ダイヤモンドなんて持ったことがないくせに)

わたし カントはそれなりに理解しようとしていたし、貴族の女性に簡単なレポートのような手紙も書いている。しかし、スウェーデンボルグに、疑問に思ったことを手紙に書いて送ったのに、梨のつぶてで何の反応もなかった。カントにしてみれば、あれほど礼を尽くして書いた手紙に、何の返事もないというのはおかしい、という気持ちになったのかもしれない。結局、カントは霊視者について考察した論文を書くことになるんだけれど、それがまたカントらしい、正確には後の厳密なカントらしい書き方をしているんだね。

フク兄さん ちょっと待った、弟よ、しばらくぶりに会った兄に、何も持ってこなかったということはあり得ないじゃろ。(あ、いけない、カミサンにあずかった酒があった)。おお、やっぱり、この暑さのために忘れておったのじゃな。……なんと、静岡県は浜松の「花の舞」ではないか。

わたし 注いで上げようか、(また、大きなどんぶりかあ)、さ、さ、さあ……。

フク兄さん お、ととととととと、………ぐび、ぐび、ぐび、ぐび、ぐび、ぐび、ぐび、ぷふぁ~、これはいいぞよ。浜名湖から太平洋へ、爽やかな風が吹き渡るようじゃあ。さ、おまえも飲め。(なんだ、ちいさなぐい飲みかあ)

わたし おとととと、ぐび、ぐび、ぐび。たしかに旨いねえ。

フク兄さん ぐび、ぐび、ぐび……。おお、話を続けておくれ。それで、カントさんはどんな論文を書いたのじゃ?

わたし え~と、「哲学者からみた霊視者の夢」という論文なんだけれど、あれこれ自分がなぜこうした論文をかくことになったのかを説明して、多くの前提をあれこれ検討しているのだけれど、思い切り単純化すれば、霊が肉体を持たないのに、なぜ霊だけの死者の世界で、肉体をもっているスウェーデンボルグが、彼らと会話できるんだということなんだね。人間はさまざまな感性をもっているが、それは肉体を介している。つまり、肉体を持った人間の考えることは、肉体を介して経験したものからできている。それなのに、肉体を持たなくなった死者が、生前と同じような思考し、さらに、肉体をもった生者と会話ができるのはおかしいというわけだね。

フク兄さん ヒック、それはおかしくないんじゃないかのう。霊になれば霊同士で同じレベルじゃろ(お、お酒のせいか、するどいな)

わたし しかし、それならば、なぜ霊だけの死者たちが、肉体をもっているがゆえに世界を作り上げている生者たちと、似たような世界を作り上げることが必要なのか、分からないことになる。(じゃないかなあ)

フク兄さん …………。(あ、酒が回ってきて、眠くなったかな)

わたし いずれにせよ、カントはここで人間が肉体を介しての経験というものをもつ生者の思考のありようと、霊だけの存在である死者の思考のありようとに、根本的な違いがないはずはないと考えているわけなんだね。……フク兄さん、フク兄さん。

フク兄さん ……、あ、起きておるぞ、起きておるぞ。ちゃんと耳から入ったことは、経験として受け止めておるぞ。

わたし カント研究者のなかには、こうした経験をへた「ア・ポステリオリ」なものと、経験以前の「ア・プリオリ」なものを厳密に細かく仕分けしていくところは、まさに、『純粋理性批判』に繋がっていくものだという人もいる。しかし、俗っぽい言葉でいえば、カントはやっぱり怪しげな現象についてかたる人間については、疑いを持つタイプだったということかもしれないね。カントの書くものは、三批判以前でも三批判以後でも、しっかりと物事を論理的にクリティカルに見るというところがあるわけだからね。

フク兄さん …………。(もう、寝ているな、これは)

わたし カントの時代にも心霊現象はブームになったけれど、ヨーロッパでは19世紀末から20世紀初頭に、ふたたび心霊ブームが起こる。有名なのは『シャーロック・ホームズ』シリーズで知られる作家コナン・ドイルが心霊現象に夢中になったことで、小説で稼いだ膨大なお金をつぎ込んだといわれる。エジンバラ大学で医学を学び、自然科学にも通じていたドイルでも、夢中になってしまったわけだね。あれ、……フク兄さん、フク兄さん。

フク兄さん う~ん、あの世に酒はあるのか………ZZZZZ

わたし もう完全に寝ているな。ま、最後までしゃべってしまおう。同様の知識人は大勢いるけれど、ちょっと変わったところでは、分析心理学のカール・ユングも医学者出身だが、途中から心霊現象と取り組み、彼の場合は神秘的なユング心理学を作り上げてしまう。最初に親戚の少女に現れた心霊現象に出会ったときには、徹底的に分析して彼女のインチキを暴いたというのに、次第に心霊現象こそ壮大な人間の無意識のあらわれだと考えるようになったんだね。……フク兄さん、フク兄さん。もう、フク兄さんは肉体も霊魂も眠りこけているな、これは。

●フク兄さんシリーズ フク兄さんとの哲学対話 ☚こちらをどうぞ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください